人気ブログランキング |

大台ヶ原 牛石ヶ原~大蛇嵓

e0177413_2335084.jpg

 紅葉を求めて



e0177413_2365498.jpg

 例年より一週間程、紅葉が早かったようだ。
e0177413_2391173.jpg

 標高1694mの日出ヶ岳山頂、正木峠辺りは、既に初冬の装いだった。
e0177413_23123166.jpg

 神武天皇が大和を国見した像が建つ牛石ヶ原を過ぎ、
e0177413_2317766.jpg

 尾根を少し下ると、やっと発色のいい広葉樹に出会えた。
e0177413_23201056.jpg

 蒸籠嵓の絶景を眺めながら、更に進むと
e0177413_23333036.jpg

 断崖絶壁の眼下に、鮮やかな紅葉が広がっていた。
e0177413_23382019.jpg

 足がすくむような崖っぷちだが、
e0177413_23481536.jpg

 今年一番に見た紅葉を堪能した後、
e0177413_2349426.jpg
 
 今度は上り坂の尾根道を戻り、
e0177413_23494282.jpg

 分岐点をシオカラ谷方面に向かっていった。



 (2015.10.19)
by deepseasons | 2015-10-26 19:02 | nara | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://deepseason.exblog.jp/tb/23810488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2015-10-28 21:20
タイトル : 関西一早い紅葉(大台ケ原・正木ヶ原~大蛇嵓)
今年の大台ケ原は紅葉が少し早めの進行だったようですね。 絶景、大蛇嵓の紅葉はやっぱり見たいところ。 星空を撮った正木峠から大蛇嵓までのコースをお届けします。 (※10月18日撮影) 正木ヶ原から木道を降りていきます。 ん?紅葉はしていますが、葉を落としたものが目立ちますかね。 例年より早めに紅葉が終了していっているようです。 とはいえ、この日は快晴! 鮮やかな紅葉が空に映えます。 ちょっと葉っぱが寂しい木も目立ちますが、まだまだ紅葉さん、がんばってます(笑) ...... more
Commented by cynchia at 2015-10-26 23:18
こんばんは、この土曜日に行きました。
先週も早かったのですね。
Commented by youpv at 2015-10-27 09:30
おはようございます~。
素晴らしい風景が広がりましたね。
続きのお写真も楽しみにさせていただきます(^^)
Commented by deepseasons at 2015-10-27 18:53
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
先週末なら、もう標高の低いところまで進行していたのでしょうね。
例年ならジャストタイミングなのですが、今年は紅葉が早そうです。
Commented by deepseasons at 2015-10-27 18:56
youpvさん、コメントありがとうございます。
思いっきり晴れていたので、思いっきり晴れの撮り方してみました(笑)
ちょっと撮影に行く予定もないので、しばらくこのネタで引きずろうと思っています。
Commented by arak_okano at 2015-10-27 19:04
早くも紅葉報告になりますね。見事な山の光と影をありがとうございます、バグースです。アラックは軟弱で山には行けません。
Commented by deepseasons at 2015-10-28 07:09
アラックさん、コメントありがとうございます。
いつもは、通過するだけの登山道ですが、斜光が面白くてシャッターを押しました。
ちょっとコントラストがきつ過ぎましたね。
Commented by kwc_photo at 2015-10-28 21:19
今年の紅葉は早かったですね。
思いのほか散っててビックリでした。
その分、例年のタイミングなら色づきが進む最中の
シオカラ谷が綺麗にピークを迎えていましたね。
次回記事が楽しみです。
大蛇グラの記事でTBさせていただきますね(^^)
Commented by deepseasons at 2015-10-29 22:43
katsuさん、コメントありがとうございます。
私は、例年より1~2週間早く行ったのに、見慣れた晩秋の風景でした。
でも、katsuさんのナイス情報でいつもは行かないシオカラ谷のええ紅葉風景を見ることができて
大満足でした。 改めて、情報をいただき感謝いたします。
<< 鞍馬の火祭 序章 時代祭 >>