人気ブログランキング |

宵の薬師寺

e0177413_18351268.jpg

     宵の中秋の名月、変わりやすい秋の空



e0177413_1836302.jpg

     思わぬ天候回復に、夕暮れ待ち
e0177413_19191236.jpg

     東の空は焼けずに、日の入り
e0177413_19215348.jpg

     されどトワイライト、大気を巡った光が
e0177413_208131.jpg

     ほのかに赤く染めるマジックアワー
e0177413_2011511.jpg

     宵の深まりと共に
e0177413_20175964.jpg

     ライトアップされる薬師寺が
e0177413_20192140.jpg

     幽玄に浮びあがります
e0177413_20203435.jpg

     なるほど、『凍れる音楽』
e0177413_2023611.jpg

     そろそろ、家路につきましょう

     ※『中秋の名月』の先日に出会えた風景でした。
     (10/9/21 撮影)
by deepseasons | 2010-09-30 00:09 | nara | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://deepseason.exblog.jp/tb/13317324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2010-09-30 00:34
池に浮かぶ薬師寺、幻想的ですね。
この景色も、修理に入るとしばらく見られないのですね。
まだ一度も撮影したことがないのですが、夜の時間帯にこの場所に
いるのはなかなか厳しいもので(^o^;
光景を見せていただけてうれしいです。
中秋の名月も撮り逃しましたし、これも見られてよかった(笑)
一度、東の空まで真っ赤に焼けた状態で、薬師寺を見てみたいものですね。
Commented by youpv at 2010-09-30 05:44
おはようございます~。
広がる風景が素晴らしいですね。
この時間帯の写真は見る機会がありませんので
こちらで見る事が出来てよかったです(^^)

私は中秋の名月は仕事で見れなかったですし、
翌日のお月様を撮ろうとしたら厚い雲に覆われてしまってました(笑)
Commented by vidro-lautrec at 2010-09-30 23:25
こんばんは~。
もう嬉しいですね~。実家の近くがこんな風に美しく撮ってもらえるなんて(^^)
大学までの毎日、薬師寺や近くの古墳を見ながら通学だったんですよね。
「あっ、だいたいあの辺りからだな」な~んて一枚一枚のポジションを
想像していました(笑)
「凍れる音楽」という表現、とっても大好きなんです。
深い言葉ですよね。
こんな写真見たら実家へまた行きたくなっちゃいますよ~^^ 

中秋の名月は伊賀の山を降りながら見ることができました^^
思わず願い事しちゃいました(笑)
Commented by deepseasons at 2010-10-01 21:24
katsuさん、コメントありがとうございます。
いよいよ、10月末より東塔が修理に入るようです。
東空まで炎上するような夕焼けを見たいですね^^!
Commented by deepseasons at 2010-10-01 21:27
youpvさん、コメントありがとうございます。
中秋の名月は、結局、雲の切れ間から少し顔を出しただけでしたね。
この月は前日(宵)に撮影したものですが、ほぼ満月でした^^!
Commented by deepseasons at 2010-10-01 21:30
vidro-lautrecさん、コメントありがとうございます。
地元の人から、励ましになるコメントいただき、めっちゃうれしいです。
ライトアップで浮かび上がった塔のシルエットがすごく幻想的でした^^!
<< 仏隆寺の彼岸花 赤とんぼ >>