オミナエシ咲く越畑河原家住宅

e0177413_19333817.jpg
女郎花と茅葺




e0177413_19332730.jpg
 嵯峨越畑は、盆花として出荷されるオミナエシの生産地として知られている
 訪れたのは盆入りの頃で、刈り取りが終わっていると思いながら立ち寄ったが
 京都市指定文化財でもある河原家住宅前の棚田に咲いていた
e0177413_19332084.jpg
 夏草にまじり大毛蓼(オオケタデ)も立派な長屋門を背景に咲いていた
e0177413_19331348.jpg
 河原家から更に山斜面に民家が点在しているが、畦道に雑草が生い茂り
 行く手を阻んでいた
e0177413_19330294.jpg
e0177413_19325461.jpg
 越畑から山道を下り、田園の快走路を走り亀岡の平の沢池に辿り着いた
 例年ならオニバスの大きな浮き草が覆いつくし小さな花を咲かすが、今年は浮き
 草すらまったく見られなかった

  

by deepseasons | 2017-08-19 07:00 | kyoto | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/25989522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 祇園甲部 八朔1 本薬師寺跡に咲くホテイアオイ >>