雪の伏見稲荷大社

e0177413_16063003.jpg

雪の日のおいなりさんへ





 京阪伏見稲荷駅に着いた時は、露天商がテントを建て始める時間帯だった。
 薄明りの中、怪しくLEDに照らされた鳥居を幾つも潜り稲荷山を登っていった。 
e0177413_16055554.jpg

 立ち並ぶ朱色の鳥居と雪を収めた写真を撮りたくてきたが、思うような風景に出会えずに山の中にぽかんと空いた池まで来た。
e0177413_16052746.jpg
 夜明けと共に雪雲が流れていった。
e0177413_16045435.jpg
  荒神峰に立ち寄り少し参道からそれると、急に視界が開けた。
e0177413_16042422.jpg

 眼下には、ちょうど朝日に照らされた京都市街地が広がっていた。 
e0177413_16035777.jpg
 上に行くほど、他国の旅行者がめだってくる。
e0177413_16032694.jpg
 確かにナチュラルトリップしそうな感覚にとらわれる。
e0177413_16025399.jpg
 予想より早い天候回復に下界も気になりながら、いつの間にか最高峰である一ノ峰まで着いた。
e0177413_16022059.jpg
 森に神々しい光が射しこんだ。
e0177413_16010673.jpg
e0177413_16003678.jpg
 この先は山科、山の反対側だ。
e0177413_15595781.jpg
 滑らぬように慎重に来た道を戻った。
e0177413_15594079.jpg
e0177413_15592355.jpg
e0177413_15590977.jpg
 訪れたのは、初午の前日だった。 
 


by deepseasons | 2017-03-24 07:00 | kyoto | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/25636154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cynchia at 2017-03-24 07:40
おはようございます、薄明かりで、
桜のように見えました❗
Commented by deepseasons at 2017-03-24 19:21
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
薄明りの参道は、霊験あらたかでした。
Commented by kurese0535 at 2017-03-24 23:22
こんばんわです。
お稲荷さん、雪が降っても基本スルーしてしまいます。
でもお写真拝見して行きたくなりました。
階段含む参道、ちょっと滑りそうですね。
やっぱり雪は苦手かも^_^;
Commented by deepseasons at 2017-03-25 18:03
kureseさん、コメントありがとうございます。
上に行くほど、きれいでしたよ。
是非とも行ってほしいですね。皆さんは普段履きで来られていましたが、
それなりのシューズの方が安心です。
<< 淀の河津桜 東山花灯路 宮川町祇園小唄 >>