北野天満宮節分祭 北野追儺狂言

e0177413_18165291.jpg
「乾の隅」




e0177413_18163773.jpg
 北野天満宮は平安京の西北「乾の隅」(いぬいのすみ)にあり、神様を祀る場所である一方、鬼が逃げ込む場所だそうです。
 学問の神様として知られていますが、災難除け、厄除けの社であり福の神が宿る社として古くから信仰されています。
e0177413_18162415.jpg
 お話は、天満宮の縁日に茶筅売りの一行が到着したところから始まります。
e0177413_18160544.jpg
e0177413_18155318.jpg
e0177413_18135734.jpg
e0177413_18134145.jpg
e0177413_18132627.jpg
e0177413_18131308.jpg
e0177413_18130023.jpg
e0177413_18124158.jpg
e0177413_18122846.jpg
e0177413_18121509.jpg
e0177413_18120491.jpg
e0177413_18114661.jpg
 早咲きの梅がもう見頃でした。 
 節分の翌日は、暦の上では立春ですね。



 (2017.2.3)


by deepseasons | 2017-02-04 19:00 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/25287286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-02-05 11:03
天神さんでは節分に狂言が行われるんですね、
笑うかどに、福来るでしょうね、バグースです。
福豆はいっぱいもらえましたか。
Commented by deepseasons at 2017-02-05 17:37
アラックさん、コメントありがとうございます。
毎年、同じ内容が演じれます。
こちらで頂く福豆で十分に家族の歳分を賄わせてもらっています。
<< 千本釈迦堂 おかめ福節分会 天授庵(旅行・お出かけ部門) >>