大法院

e0177413_14184732.jpg

且座喫茶(しゃざきっさ)





e0177413_14182674.jpg
e0177413_14180723.jpg
e0177413_14174597.jpg
e0177413_14172320.jpg
e0177413_14165889.jpg
e0177413_14163981.jpg
 禅の言葉で、「まぁ、お座りになってお茶でも飲みなさい」の意味。






 真田信繁(幸村)の兄で信州の松代藩主だった真田信之の菩提寺です。
 (2016.11.28)

by deepseasons | 2016-12-13 07:00 | kyoto | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/25040430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2016-12-13 07:28
これぞ京都の紅葉の見本ですよね、バグースです。
アラックも25日に一番で入れました。
抹茶とお菓子を初めていただいて、嬉しかったです。
別料金でないのが有り難いですね。
Commented by deepseasons at 2016-12-13 16:47
アラックさん、コメントありがとうございます。
私は午後から立ち寄りましたが、タイミングよく人が途切れました。
そうですね。 お抹茶頂きながら落ち着けますよね~
Commented by kwc_photo at 2016-12-13 20:18
私も行ったのですが、朝イチじゃなかったので、なかなか
人が途切れず・・・結局あまり広い絵は撮れてないです(^^ゞ
もっと粘ればよかったかなぁ~。
今年はこの時期、残っている紅葉が少なくて、
大法院、桂春院を目指す人が多かったように思います(^-^)
Commented by deepseasons at 2016-12-14 14:36
katsuさん、コメントありがとうございます。
この日の朝一にお会いした人に聞いて、嵐山から移動しました。
団体さんが去られた後に、もしやと思いきや前列の毛氈が空きました。
<< イルミナイト万博 LIVES 桂春院 >>