花背の松上げ

e0177413_21453171.jpg

火伏せ





e0177413_21450909.jpg
e0177413_21445524.jpg
e0177413_21444172.jpg
e0177413_21442866.jpg
e0177413_21441295.jpg
e0177413_21434319.jpg
e0177413_21432587.jpg
e0177413_21431025.jpg
e0177413_21425730.jpg
e0177413_21424246.jpg
 洛北の山村に伝わる愛宕神事です。
 火伏せと五穀豊穣を祈願されます。

 
 火は、暮らしを豊かにする不可欠なものですが、全てを焼き尽くす魔力を秘めています。
 



 (2016.8.15 京都市左京区花背八桝町)


by deepseasons | 2016-08-28 07:00 | kyoto | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/24621226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2016-08-28 15:54
一度行ってみたい行事なんですよね~。
今年もDeepさんの写真で見せてもらいます。
炎の祭、やっぱり勇壮ですね。そして幻想的。
魅入ってしまいました(^-^)
Commented by deepseasons at 2016-08-29 18:37
katsuさん、コメントありがとうございます。
この行事は、お盆やし夜遅いし山奥なので行くまでは重い腰をあげる状態なのですが、行けば気の高まりが半端じゃないです。
katsuさんなら、どんな撮り方されるか興味津々です。
もし、行かれるなら早めにご連絡くださいね。
車に便乗されてもらいます(笑)
Commented by arak_okano at 2016-08-30 06:45
凄い高さだと分かります。
日本の夜祭、これまた素晴らしいですね、
バグースです。
昔から過去へ、ずっと受け継がれていくんですね。
Commented by deepseasons at 2016-08-30 20:35
アラックさん、コメントありがとうございます。
村の方が60着用意された法被に対し、法被が着れない人もいる程の盛況だと言われていました。
過疎の村に全国から集結されました。 結束し受け継がれるものがあるって幸せですね。
<< 愛宕古道街道灯し 久多宮の町の北山友禅菊 2 >>