祇園祭 役行者山護摩焚き

e0177413_19055196.jpg
「しからば御免」





e0177413_19051029.jpg
e0177413_19042330.jpg
e0177413_19040105.jpg
e0177413_19034124.jpg
e0177413_19025034.jpg
e0177413_19023825.jpg
e0177413_19022687.jpg
e0177413_19021264.jpg
e0177413_19020293.jpg
e0177413_19015232.jpg
e0177413_19014389.jpg
e0177413_19013247.jpg
e0177413_19011858.jpg
e0177413_19001688.jpg
e0177413_18595931.jpg
e0177413_18594734.jpg
 後祭宵山に役行者山にて採燈護摩がありました。


 問者「先程よりのお答え、まこと聖護院宮門跡配下の山伏たること疑いなし。
     然からば、しからば、お通りめされ、案内申す。」
 答者「しからば御免。」

 

 (2016.7.23)


by deepseasons | 2016-07-29 19:00 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/24560440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2016-07-30 22:42
ド迫力ですね~。
もうもうと煙る護摩。炎もあがって、あの狭い鉾町で
炊き上げる護摩焚きはすごいですね。
やっぱり見に行ったらよかったかなぁ~。
様子を全部みせていただいてありがとうございました。
Commented by deepseasons at 2016-07-31 08:15
katsuさん、コメントありがとうございます。
たまたま休みをもらえましたので、久しぶりに見に行かせてもらいました。
土曜日で人出も多かったのですが、一か八かの撮影ポイントからまずまずの構図を収める事ができました。
<< 祇園祭 花傘巡行先斗町 半夏生と雨蛙 >>