清涼寺 嵯峨お松明式

e0177413_18215360.jpg
 京都三大火祭




e0177413_18214570.jpg
 最初に護摩壇に点火された。
e0177413_18213435.jpg
 瞬く間に境内が白煙に包まれ、三本のお松明と仁王門が浮かび上がった。
e0177413_18212267.jpg
 かけ水されるが、火の勢いが勝り炎が立ちあがると、
e0177413_18210685.jpg
 厳粛にお経と鐘の音が流れる中、
e0177413_18205279.jpg
 松明の周りを提灯行列が三周された。
e0177413_18203985.jpg
 お練りが終ると、長い竹竿の先に付けた藁束で次々と松明に点火された。
e0177413_18202363.jpg
 お釈迦様の涅槃会に因み行われ、お釈迦様が荼毘に付される様を再現されているそうだ。
e0177413_18195998.jpg
 また、松明を早稲(わせ)、中稲(なかで)、晩稲(おくで)に見立てて、火勢の強弱で
 その年の農作物の豊凶を占う。
e0177413_18194008.jpg
 もちろん、晴天の中、勢いよく燃え尽きた。
e0177413_18192321.jpg
 本堂に立てられた13本の高張り提灯の高低により、米相場が決まったと言われる。
e0177413_18184114.jpg
 京都三大祭とは、清涼寺お松明式、五山送り火、鞍馬の火祭です。


 (2016.3.15)
 

by deepseasons | 2016-03-17 20:00 | kyoto | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/24228097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都東山花灯路 北野天満宮梅花祭 勝奈さん >>