等持院

e0177413_12035827.jpg
残雪残る庭。




e0177413_12040929.jpg

 雪が降った弥生の一日、
e0177413_12042139.jpg

 ふっと思いつき、等持院に立ち寄った。
e0177413_11350716.jpg
 開放的な庭の雪はさすがに融け始めていたが、
e0177413_11345577.jpg
残雪が残る青苔に有楽椿が散る光景。
e0177413_11343226.jpg
 落ち花も雪も少ないですが、
e0177413_11344137.jpg
 立ち寄ってよかったと思えます。
e0177413_11342478.jpg
 弥生の雪、貴重な一日でした。


 (2016.3.1)




by deepseasons | 2016-03-09 07:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/24203446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2016-03-09 12:30
タイトル : 苔に咲く(等持院・有楽椿)
今年はこの椿の落ち見頃も早かった! 美しく落ちた有楽椿。まるでコケに咲く花のようです。 (※2月16日撮影) 真っ青な空に恵まれた朝。 出勤前に等持院を訪れました。 だるまさんにご挨拶をしたら・・・ お座敷を独占(^-^) でも、この日はここでの滞在は数分(笑) 床の間の盆梅を愛でたら・・・ すぐ外庭へ。 茶室の向こうにある有楽椿のところへ。 落ちたばかりの花が出迎えてくれました。 朝露がついた花。 瑞々しいです。 ...... more
Commented by cynchia at 2016-03-09 07:43
おはようございます、積もりましたか!
椿と雪も、なかなか趣があります。
Commented by kwc_photo at 2016-03-09 12:29
おお、雪で有楽椿とはオツですね~!
なるほどなぁ。3月だったらこういう選択肢もありましたね。
私は出勤だったので職場の近場で雪景色を楽しむのが関の山でした(^^ゞ
偶然等持院のアップが重複した記念に、こちらからもTBさせていただきますね(^^)
Commented by kurese0535 at 2016-03-09 17:20
こんにちわです。
雪と落椿のセット!!よいですね〜。
本当に貴重ですね。
なかなか見られない風景をありがとうございます。
Commented by youpv at 2016-03-09 21:00
こんばんは~。
あの日はあれから等持院に行かれたのですね。
この日は出勤前で撮るのがやっとでしたので
あの後が気になっていました。
有楽椿、撮る機会を逃しました(^^;)
Commented by prado9991 at 2016-03-09 21:11
こんばんは
雪椿いいですね~。
貴重な朝限定の積雪、上手く利用されましたね。
僕も時間があれば行きたかったな~。
Commented by deepseasons at 2016-03-09 21:35
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
もしかのシュチュエーションを期待して行きましたが、まずまずでしょう。
こういう風景と出会えるから、写真は楽しいです。
Commented by deepseasons at 2016-03-09 21:38
katsuさん、コメントありがとうございます。
金閣寺は溶けているやろうなあと思い、こちらに向かいました。
たまたまの休みに貴重な積雪、ラッキーでした。
TBありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2016-03-09 21:41
kureseさん、コメントありがとうございます。
有楽椿がこんなに早く咲いたのも珍しいです。
更におそらく今シーズン2回目の積雪、ほんまに貴重でした。
Commented by deepseasons at 2016-03-09 21:43
youpvさん、コメントありがとうございます。
最初は、金閣寺の晴れ狙いでの北上でしたが、微妙な積もり方に金閣寺をスルーしての訪問でした。
Commented by deepseasons at 2016-03-09 21:46
pradoさん、コメントありがとうございます。
市バスの便の良さをフル活用の行ったり来たりでした。
どうも、たまたまの休みにスミマセン(笑)
<< 祇園甲部舞妓夢乃 見世出し 祇園甲部舞妓美月 見世出し >>