あだし野念仏寺

e0177413_21522025.jpg

 あだし野は、



e0177413_2154497.jpg

 化野と書く。
e0177413_21563925.jpg
 
 「あだし」とは、果敢ない、虚しいの意味。
e0177413_21592178.jpg

 「化」の字は、「生」が化して「死」となり、
e0177413_220339.jpg

 この世に再び生まれ化る事。


 誰とても 留るべきかはあだし野の 草の葉毎にすがる白露   西行法師
e0177413_224299.jpg

 お迎地蔵の頭上に、豆柿でしょうか。
 鈴なりになっていました。

 (2015.11.25)
            

 
by deepseasons | 2015-12-03 07:07 | kyoto | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23925086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2015-12-03 07:13
DEEPさんの天龍寺を見させて頂き昨年行きました。今年は出遅れ皆さんと一緒。念仏寺さんも出遅れ諦めました。バグースを今年もいっぱいありがとうございます、バグースです。今回、何回もメモリーカードを探しに行って頂き感謝します。涙が出ました。
Commented by cynchia at 2015-12-03 08:21
おはようございます!鮮やかな紅葉ですね、
アラックさん、出てくると良いですね。
Commented by youpv at 2015-12-03 09:23
おはようございます~。
先週の土曜日に訪れましたが
ここは綺麗に紅葉が色づいていましたね。
訪れる人もそれほど多くなくゆっくりと出来ました(^^)
Commented by deepseasons at 2015-12-03 21:32
アラックさん、コメントありがとうございます。
たまたま、撮影に行った時に見ただけですよ。
ついででゴメンなさい。
Commented by deepseasons at 2015-12-03 21:35
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
ここのは、冴えた赤でした。
受付のすぐ後ろなんですが、うれしかったですね〜
Commented by deepseasons at 2015-12-03 21:38
youpvさん、コメントありがとうございます。
祇王寺前を過ぎると、明らかに人通りが少なくなりますね。
常寂光寺で不完全燃焼の後だっただけに、余計にありがたく思えました(笑)
Commented by もみぢ at 2015-12-04 22:45 x
最初のと3つ目、穏やかな雰囲気ですね。
霊感がなくても風葬地だけに、殺伐とした感じを受けますが、
紅葉時期が一番良いシーンかも。
これなら無縁仏さんたちも一緒に楽しめて「見世物じゃない!」と嘆かないでしょうか。
Commented by deepseasons at 2015-12-06 18:32
もみぢさん、コメントありがとうございます。
私には霊感がないのでしょうね。 穏やかな雰囲気しか感じませんでした。
無縁仏様は、誰も訪れてこなくて寂しい思いをしなくても済むとは、勝手な解釈でしょうか。
<< 等持院 天龍寺 >>