鞍馬の火祭

e0177413_9351857.jpg

 受け継ぐ



e0177413_9394079.jpg

 鞍馬の火祭は、940年、世の中の平安を願う朱雀天皇の詔により、
e0177413_9424795.jpg

 御所にお祀りしていた由岐明神を都の北方の鎮めとして鞍馬に還した際、
e0177413_9465748.jpg

 松明や神道具などを携えた行列が約1kmに及んだとされます。
e0177413_9485368.jpg

 この儀式と由岐明神の霊験を後世に残そうと伝え守るため、
e0177413_9502763.jpg

 毎年10月22日に鞍馬の火祭が行われます。
e0177413_9515926.jpg



e0177413_9523917.jpg

 18時の神事触れの後、宿から装束をまとった各仲間が
e0177413_9542543.jpg

 諸礼を繰り返し、鞍馬寺山門前に集まります。
e0177413_9555181.jpg



e0177413_1032851.jpg



e0177413_9572683.jpg

 その後、由岐神社から降りてこられた二基の神輿が
e0177413_9574093.jpg

 集落内を巡行してお旅所に安置され、神楽松明と共に
e0177413_959613.jpg

 神楽が奉納されるまでの儀式を神幸祭といいます。
e0177413_1003310.jpg

 (鞍馬火祭保存会が発行されている小冊子から転記させてもらっています。)
e0177413_1023172.jpg




 (2015.10.22)

 祭事の雰囲気をそぐわないように、フラッシュは使用していません。

 掲載写真は、祭事のほんのひとコマです。
 興味のある方のために、祭の流れも転記させてもらいます。

 18:00
 「神事にまいらっしゃ~れ」という合図(神事の触れ)により、各家の軒先に置かれた
 エジやかがりに火が入ります。

 19:00
 「サイレイヤ、サイリョウ」(祭礼や、祭礼の意)のかけ声と共に、各仲間(火祭をとり
 行う世襲制の住民組織)のつかふの松明が往来と諸礼を繰り返し、剣鉾を差したり
 鉦と太鼓などで囃したりしながら、松明が街道を練り歩き、徐々に松明の数を増や
 しつつ行列は大きくなります。

 20:10
 お旅所にて大松明を立てて、注連縄伐りが行われます。

 20:40
 大小百本以上の松明が鞍馬寺山門前に集まり、最後の諸礼を行います。
 山門前石段の注連縄が伐られて、神輿が参道を渡御するとき、神輿の担ぎ棒の先端
 に足を逆さ大の字形にぶら下がるチョッペンの儀が行われます。
 また、石段の参道が急なため、スピードが出過ぎないように女性が綱をひきます。
 (この綱をひくと安産になると伝えられています。)

 ※更に、例祭は続きますが、帰宅の手段が無くなりますのでこの時点で撮影終了しました。

 23:15
 集落内を巡行した神輿はお旅所に安置された後、三願の礼で祝い、祝詞参上のあと、
 4本の大きな神楽松明が境内をまわると共に神楽が奉納されます。

 24:00
 祭の終了   ※時間は目安だそうです。
by deepseasons | 2015-11-01 19:22 | kyoto | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23829308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2015-11-01 20:36
やっぱりスゴイお祭りですね。
終わったら真夜中・・・なかなか行けません(^_^;)
でも炎の中行われる雰囲気、一度見てみたいです。
お神輿に逆さ大の字でぶら下がるチョッペンの儀も勇壮ですね。
いいもの見せてもらいました(^-^)
Commented by youpv at 2015-11-02 05:41
おはようございます~。
ここまで炎に近いと大迫力の連続ですね。
このアングルからのチョッペンも貴重ですね。

来年も早々に行きたくなりました(^^)
Commented by mmpphoto at 2015-11-02 09:52
おはようございます。
1度は見に行きたいですね!
人間って何でか炎に気が引かれますね。
相変わらずの行動力頭が下がる思いです!
Commented by deepseasons at 2015-11-02 19:44
katsuさん、コメントありがとうございます。
勇壮でありながら、厳かな祭事です。
こちらまで高揚してきます。
一度、この場を体験してください。
Commented by deepseasons at 2015-11-02 19:46
youpvさん、コメントありがとうございます。
もしかしたら、もう二度と撮れないアングルだと思います。
貴重な体験をさせていただきました。
確かに、もう来年が待ち遠しいですね〜
Commented by deepseasons at 2015-11-02 19:53
masaさん、コメントありがとうございます。
松明の炎が迫力満点です。
規制が益々きつくなって撮りづらい行事の一つです。
場所確保も意味がありません。
でも、場の雰囲気はすごいので、一度見に行ってくださいね〜
Commented by kurese0535 at 2015-11-03 00:36
こんばんわです。
すごい迫力ですね。
火祭はちょっと昔へトリップしたようにも感じます。
興味がありますのでタイムスケジュール、ありがとうございます。
来年、タイムスケジュールを参考に
行ければ・・・行ってみたいです。
Commented by deepseasons at 2015-11-03 20:07
kureseさん、コメントありがとうございます。
なんとも幻想的で迫力あるでしょう。
来年は、土曜日開催です。 更にヒートアップするのでしょうね。
凄い人出だけは覚悟しておいてくださいね~
<< 大台ヶ原 帰路 大台ヶ原 シオカラ谷 >>