南禅寺大寧軒

e0177413_15113184.jpg

 茶道のこころ



e0177413_1518517.jpg

 「京の夏の旅」で特別公開されている大寧軒を訪れた。
e0177413_15194735.jpg

 明治維新の廃仏毀釈で廃寺になった南禅寺塔頭大寧院跡に、茶人で薮内流家元であった
 薮内招智によって造られた池泉回遊式庭園である。
e0177413_1529851.jpg

 表情豊かな庭に午後の木漏れ日が揺らめいていた。
e0177413_15302293.jpg

 落ち着いた庭も見たくて、雨の午後に再訪した。
e0177413_15312931.jpg

 門を越えると、期待通りに雨に濡れた庭が広がっていた。
e0177413_15332950.jpg

 茶庭とも言われる露地風の庭園である。
e0177413_15432088.jpg

 再訪したのも、もの静かな風情のたたずまいを見たかったからだ。
e0177413_15465931.jpg
 
 奥の流れには、象徴的な存在の「三柱鳥居」が立っている。
e0177413_15501036.jpg

 太秦の蚕ノ社の三角形に組み合わせた鳥居を模したとされている。
e0177413_15525011.jpg

 茶のこころもわからない凡人であるが、庭から感じた印象を切り取ってみた。
e0177413_15542786.jpg



e0177413_15544328.jpg



e0177413_155503.jpg



e0177413_15552547.jpg

 最初に「茶道のこころ」と畏れ多い事を書いたものだ。
 申し訳なく思います。
e0177413_15554711.jpg

 なお、現在は大寧軒は南禅寺により買い戻されています。


 道の向かいには更に広大な日本庭園をもつ何有荘があります。
 2010年に世界第5位の富豪ラリー・エリソン氏が購入しており、訪れた時は数寄屋造の母屋が
 新築中でした。
 親日家でもあるラリー・エリソン氏が所有している事は、返っていいのかもしれない・・・
  
by deepseasons | 2015-09-12 20:24 | kyoto | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23666864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by prado9991 at 2015-09-12 22:17
こんばんは
二回行かれたのですね。
断然雨の方が良いですね。
僕も訪れましたが、ピーカンで撮りづらかったです。
雨の日にもっかい行こうかなー。
Commented by arak_okano at 2015-09-13 06:04
deepseasons さんのブログを見ていってきましたよ、
でもね、許す時間は5分、背景に学生さんが通るで駄目でした。
紹介をありがとうございます。
アラックの写真とは天と地です、バグース!!!
Commented by もみぢ at 2015-09-13 09:12 x
雨は苔だけでなく、岩石に色が出るので楽しみですが、
カメラと足元には注意でしょうか?

外国の方でも D.キーン博士のように日本文化を愛して下されば
そして、公開して下さるなら。
も少し知りたくて検索すると、意外な事実が.....
先人の先見の明に感謝です。工業団地だなんて (((;゚Д゚))

京都近代化の軌跡 第12回 琵琶湖疏水のたまもの(その2)
http://www.kyodoyukai.or.jp/rediscovery/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E8%BF%91%E4%BB%A3%E5%8C%96%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%80%80%E7%AC%AC12%E5%9B%9E

写真やキャプションから偶然に
知らなかった事に出会える愉しさ、おおきに〜 (*^^*)
Commented by deepseasons at 2015-09-13 18:24
pradoさん、コメントありがとうございます。
前回公開時に訪れた時も晴れた日でした。 何か違和感というか、しっくりこない感じが残っており
再訪しましたが、やっぱり雨の方がいいですよね。
しかも、このお庭は非公開ゆえに公開と同時に行った方がよかったかもです。
残念ながら痛んだ苔は中々戻りませんね。 私も気をつけようと思います。
Commented by deepseasons at 2015-09-13 18:28
アラックさん、コメントありがとうございます。
まあ、雨の日の閉門前だったので静かなでした。 計算の上に行ったと言えばそれまでですが・・・
失礼かもしれませんが、5分では京都の庭の奥深さは味わえませんね(笑)
まあ、今度改めてゆっくりとお越しください。
Commented by deepseasons at 2015-09-13 18:51
もみぢさん、コメントありがとうございます。
ご添付いただいた資料を早速見させてもらいました。 何度か聞いた事がありますが、興味深い内容です。
大寧軒の川底がキラキラしているのは、琵琶湖から流れてきてここで命を終えたしじみの貝殻だそうです。
改めて、キャプションももっと大事にしていかなあかんなあと思いました。
いいコメントをいただき、感謝いたします~
Commented by dejikaji at 2015-09-13 19:31
deepseasonsさん、こんばんはです。
何と二回も行かれたとは、気合いが違いますね!
晴れた日の庭も嫌いじゃないですが、ここは断然雨の日が似合いますね。
案内の方が言われてましたが、開催期間中で庭の苔がかなり傷んでしまったそうで、
又当分公開されないかもだそうです。
Commented by youpv at 2015-09-14 09:44
おはようございます~。
雨の日の雰囲気の方が好きですね。
久しぶりの公開でしたが、美しい風景に
癒されました(^^)

向かいの何有荘も以前、公開されていた時に
何度も訪れましたが、素敵な空間。
新しい所有者の方が公開してくれれば嬉しいですが。
近くにある流響院(織宝苑)も久しぶりに見たいです。
Commented by deepseasons at 2015-09-14 18:46
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
言わば、単純な撮り直しです(笑)
京都の庭は、曇りか雨が似合うと思います。
ただ、途中の移動が大変ですね。
なんで、平気に苔の上を歩くのか理解に苦しむ場面が、
実は私が行った時にもありました。
Commented by deepseasons at 2015-09-14 18:49
youpvさん、コメントありがとうございます。
何有荘にも行かれた事がありますか。
私は入った事がありません。
ここも植治の庭でしたね。
見てみたいなあ〜
<< 美山かやぶきの里 南禅寺 >>