南禅寺

e0177413_1428936.jpg

 夏の終わり




e0177413_14314237.jpg

 南禅寺方丈前には「虎の子渡し」の庭と呼ばれる
e0177413_14355551.jpg

 小堀遠州作と伝えられる枯山水の庭がある。
e0177413_14394928.jpg
 
 廊下を曲がると現れるのが小方丈庭園「如心庭」、
 庭石を心の字に配した枯山水である。
e0177413_1443328.jpg

 まだ小雨が降り続いていたかもしれない。
 庭が潤い深みを増す。
 

 オレンジ色の花は、のかんぞうだろうか。
e0177413_14481346.jpg

 更に奥へつながる回廊沿いのお庭は、
e0177413_14494023.jpg

 「六道庭」と呼ばれている。
 もう遅いかなと思ったが、百日紅が咲いていてくれた。
e0177413_14514236.jpg

 「如心庭」が解脱した心の庭であるのに対し、「六道庭」は六道輪廻の戒めの庭だ。
e0177413_1453127.jpg

 六道輪廻とは、天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄の六つの世界を我々は生まれ変わり続けるという
 仏教の世界観のことだそうだ。
e0177413_1455426.jpg

 夏の終わりを告げるように、紅色の花弁が杉苔の上に舞っていた。


 果敢なさを感じずにいられなかった。

 
by deepseasons | 2015-09-10 20:20 | kyoto | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23660410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2015-09-10 21:24
南禅寺方丈庭園には百日紅が咲きましたか。
散る様子もまた綺麗ですね。
六道庭とは、また意味深なお庭ですね。
来年の夏、忘れないように行ってみようと思います(^-^)
Commented by dejikaji at 2015-09-10 21:25
deepseasonsさん、こんばんはです。
南禅寺、周りの塔頭はよく行くんですが、こちらは随分前に一度行ったきりです。
雨で鮮やかな苔の上に散りばめられた百日紅の花弁、
何とも言えない色の組み合わせですね~♪
Commented by cynchia at 2015-09-11 08:08
おはようございます、百日紅がいいアクセントになっていますね。
Commented by deepseasons at 2015-09-11 19:36
katsuさん、コメントありがとうございます。
この百日紅、存在感あるでしょう。
閉門前の駆け込みだったけど、満足しました。
天授庵には白花もあるので、来年はピークに行きたいものです。
Commented by deepseasons at 2015-09-11 19:42
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
塔頭はよく行くけど、本坊も前回はいつ行ったか記憶にありません。
改めて、いいお庭やなあと思いました。
事前まで雨が降っていたので苔も濃くいいタイミングでした。
Commented by deepseasons at 2015-09-11 19:44
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
花が入ると庭が華やぎますね。
花の少ない夏場に貴重な存在です。
Commented by mmpphoto at 2015-09-11 21:06
今晩は。
ここのお庭は何時みてもイイデスネ。
百日紅が咲くと一段といいですね~
又行きたくなります!
Commented by kurese0535 at 2015-09-11 23:07
こんばんわです。
あ、こんなところにも百日紅。
一本でも十分な存在感とこの庭に色をつけていますね。
来年行ってみようかなと思います。
Commented by deepseasons at 2015-09-12 20:13
masaさん、コメントありがとうございます。
変化に富むお庭が、次々と現れるのがいいです。
雨上がりだったので、百日紅も苔も鮮やかでした。
Commented by deepseasons at 2015-09-12 20:22
kureseさん、コメントありがとうございます。
そうなんです、こんなところに百日紅が咲いているんです。
ぜひとも、思い出して行ってくださいね。
私もピークにあわせて行きたいなあと思います。
<< 南禅寺大寧軒 実光院 >>