花背八桝町 花背松上げ

e0177413_9595136.jpg

 動へ




e0177413_1005246.jpg

 運ばれた灯火は、
e0177413_101634.jpg

 光跡となり進んでいった。 
e0177413_1012374.jpg

 山あいに太鼓と鉦の音が響き、
e0177413_101401.jpg

 自ずと胸が高鳴る。 
e0177413_1015742.jpg

 次々と河原にさされた地松が灯され
e0177413_1021570.jpg

 辺りが仄かに浮かびあがった。
e0177413_1023179.jpg

 再び、中央に集まった男衆は、  
e0177413_1024555.jpg

 腰にぶらさげた上げ松を手にとり点火した。
e0177413_103064.jpg

 そして、グルグルと回しながら勢いよく
e0177413_1031452.jpg

 灯籠木(とろぎ)の大笠をめがけて放った。
e0177413_1032955.jpg

 今年は、早い段階で大笠に入った。
e0177413_1034336.jpg

 歓声の中、続いて数本が命中し、
e0177413_1035687.jpg

 火柱の勢いが増す。 
e0177413_10411100.jpg

 崩れ落ちそうになる前に
e0177413_1042596.jpg

 灯籠木が倒された。
e0177413_1043746.jpg


e0177413_1045093.jpg

 ドーンと低い音と共に 
e0177413_105987.jpg

 火花が天へと舞い上がった。


 松上げは、洛北の山村に伝わる愛宕神事で精霊送りと火災予防、五穀豊穣を祈願する。
by deepseasons | 2015-08-20 00:10 | kyoto | Trackback(1) | Comments(16)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23580589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2015-08-20 11:54
タイトル : 花脊の松上げ 後編
花脊の松上げ 愛宕神からの火で灯された松明は男衆が待つ公民館へと持ち寄られ 男衆の持つ松明に分けられて、灯籠木場へと向かいます。 真っ暗だった灯籠木場一帯には約1000本の地松が立てられており 男衆が手にしている松明によって地松が灯されていきます。 沢山の地松によって灯籠木場が幻想的に浮かび始めました。 灯籠木場には20mを越える檜の灯籠木があり、大笠が付けられています。 「花脊の松上げ」は大笠に火をつける事で火難避けや五穀豊穣を祈願すると 同時にお盆に迎え...... more
Commented by kwc_photo at 2015-08-19 23:36
いいですね~!臨場感がスゴイ!
実際見るともっとすごいのでしょうけれど、一緒に見せていただいた
ような気分で見せていただきました。
夜に炎、なんでしょうね~、やっぱり血が騒ぎます。
いつか実際見たいです(^-^)
Commented by lecouple at 2015-08-20 06:29 x
おはようございます。
以前から見に行こうと思いつつも、なかなか足が向かない花脊の松上げ。
毎年、色々な方のブログ記事で楽しませて貰っています
夜に行われる火の祭事は火に対する尊厳を感じます。
私も実際に見たいです!(と毎年、こんなコメントを書いている気が....。 ^^;;;;; )
Commented by arak_okano at 2015-08-20 06:34
今日も良いものを見させて頂きありがとうございます、バグースです。安全と豊穣を祈ります。
Commented by mmpphoto at 2015-08-20 08:16
おはようございます。
これこれこれ!!
羨ましい~
これは絶対に見たい撮りたい!
Commented by youpv at 2015-08-20 09:26
おはようございます。
先日はお疲れ様でした。

今年は早いタイミングで入りましたね。
松上げ自体も早めに終わったので
早く帰宅出来たように思いました(笑)
Commented by kurese0535 at 2015-08-21 00:15
こんばんわです。
おおお、素晴らしい、お見事です。
灯火の光跡、火の龍のようですね!!
もうあちらやこちらで行った気になっておきます。
でも、これはやっぱり実際みたいですね。
Commented by deepseasons at 2015-08-21 19:27
katsuさん、コメントありがとうございます。
臨場感ある撮り方が今回のテーマだったので、ちょっとでも伝わったならうれしいです。
灯籠木場まで出れなくても、まだまだ違う表現ができないかなあと思っています。
それだけ魅力ある祭です~ 
Commented by deepseasons at 2015-08-21 19:44
lecoupleさん、コメントありがとうございます。
夜に遠出するのはしんどいですが、一度見れば嵌ってしまう祭です。
火に対して畏れを感じる、火伏の意味合いが強いのでしょうね。
是非とも、実際に見てください。 
Commented by deepseasons at 2015-08-21 19:46
アラックさん、コメントありがとうございます。
バリダンスと同じようなインナートリップしてしまいます。
Commented by deepseasons at 2015-08-21 19:51
masaさん、コメントありがとうございます。
ぜひ、ぜひとも実際に見てください。
感動すること、間違いなしです。 
お水取りよりは、撮影できるポジションが多いかもです。
Commented by deepseasons at 2015-08-21 19:53
youpvさん、コメントありがとうございます。
あっという間に命中しましたね。
そして、今年は雨にも降られずによかったです。
私も終電でなく、余裕をもって電車に乗れました(笑)
Commented by deepseasons at 2015-08-21 19:57
kureseさん、コメントありがとうございます。
確かに火が生き物のように感じました。
火龍というのが的確のような気がします。
思いきって見に行きませんか!!!
Commented by nuran at 2015-08-21 21:15
わー 凄いね
闇の彼方から燃えさかる炎
私が撮ったら、真っ黒けのブレブレでなんのこっちゃだけど
男衆たち、ほんとにかっこいい
Commented by kirafune at 2015-08-22 12:05
うわ!
凄い迫力、臨場感ですね。
遠くまで行かれた甲斐がありましたね。
祭りの男衆さんの表情もかっこいいです。
Commented by deepseasons at 2015-08-22 20:23
nuranさん、コメントありがとうございます。
カメラのおかげです。 フイルムでは考えられない事です。
誇らしげでカッコいいですね~
Commented by deepseasons at 2015-08-22 20:32
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
実際には、もっと感動的なんだけど少しでも臨場感を伝える事が
できたなら幸いです。
幻想的でありながら、ひしひしと迫力を感じながらシャッターを
切りました。
<< 常照皇寺 花背のオオハンゴンソウ >>