勧修寺

e0177413_00515.jpg

 氷室の池



e0177413_022356.jpg

 池の畔に
e0177413_025292.jpg

 花菖蒲が咲く
e0177413_032674.jpg

 勧修寺氷池園を久しぶりに訪れた。
e0177413_05615.jpg

 平安時代には、既に正月にこの池に張った氷を宮中に献上し、
 氷を厚さで五穀豊穣を占ったと言われる由緒ある池だ。
e0177413_091565.jpg

 境内の紫陽花や
e0177413_010121.jpg

 睡蓮、半夏生も咲き始め、蓮まで花に彩られた季節が続く。

 (15.6.5)

 
by deepseasons | 2015-06-11 21:28 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23258835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2015-06-16 22:08
タイトル : 堀切菖蒲園 何れ菖蒲か杜若
いずれアヤメかカキツバタ ブログテーマ「2015、私のゴールデンウィーク」 江戸時代から浮世絵にも描かれてきた葛飾の堀切菖蒲園に出かけた。 江戸系を中心に200種、6,000株の花菖蒲が 梅雨時になると 競い合って咲く。 下町の住宅街にある菖蒲園では、ご近所の物干し台が特等の花見台なのかもしれない。 「江戸百景」に数えられた頃の昔の江戸っ子が見たら何と言うだろうか。 青い目のすらりとした女性も、花の競演に加わっていた。 下町の初夏の風物詩 「堀切...... more
<< 建仁寺塔頭霊源院 梅宮大社の紫陽花 >>