平等院

e0177413_17554214.jpg

 浄土の花



e0177413_1757895.jpg

 鳳凰堂の修復に合わし樹勢回復された
e0177413_1861419.jpg

 藤が見事な花を咲かせた。
e0177413_1871426.jpg
 
 平戸つつじと共に
e0177413_1883863.jpg

 西日を浴びて輝いていた。
e0177413_1895322.jpg

 
e0177413_18104049.jpg

 藤棚より表門を望む。
e0177413_18115766.jpg

 5月11日に来年に向けて、藤の花房を全て剪定されたそうだ。
 
 (15.4.30) 

 2011年撮影修復前の風景です。
by deepseasons | 2015-05-23 19:09 | kyoto | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/23151893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2015-05-23 21:52
タイトル : 平等院・藤とツツジ
平等院の藤、今年は房も長くなって、見応え充分に咲いてくれました。 (※4月30日撮影) ちょっと久しぶりの平等院。南門から入りました。 藤は期待通り満開。 昨年は剪定が厳しく、ちょっと寂しい感じでしたが、今年は咲きそろいましたね。 少しまだ疎ら感はありますが、これだけ咲いてくれれば見応えあります。 肝心のここの部分・・・ なにせ、開門と同時にすごい人出です。 人が切れるのを待っての撮影あるのみ。 藤がすだれのように・・・ 何とか人...... more
Commented by mmpphoto at 2015-05-23 21:33
今晩は。
やっと咲いてくれましたね!
ここ何年か全く無かったので。
来年は見に行きたいなぁ。
行けるといいんですがね。
Commented by kwc_photo at 2015-05-23 21:59
何だかすご~く待った気がしますよね。
修理の間も昨年も咲きっぷりが悪くて、やっと、やっとの
満開でした(^-^)
京都の藤の名所はいろいろあれど、これを見るとやっぱり
平等院にいかねば、と思っちゃいます(笑)
TBさせていただきますね。
Commented by prado9991 at 2015-05-23 23:11
こんばんは
やっとここまで咲いてくれましたね。
修復と時期を合わせて剪定されたようですし、鮮やかな鳳凰堂とのコラボはやはり素晴らしいですね。
今年は行けなかったんで悔しいです。
相当な混雑だったとか。
Commented by cynchia at 2015-05-24 00:44
こんばんは、藤と平等院、素晴らしいです。
Commented by arak_okano at 2015-05-24 06:57
今年は藤が伸びましたね。
やっぱり素晴らしいですね、バグースです。
アラック、今年も行けませんでした。
ありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2015-05-24 18:50
masaさん、コメントありがとうございます。
見事に咲いてくれました。
masaさんところからは、比較的近いんでしょう。
是非とも、時間を見つけて行ってくださいね。
Commented by deepseasons at 2015-05-24 18:54
katsuさん、コメントありがとうございます。
待ちに待った平等院の藤です。
桜の時期に行った時に、いっぱい蕾がついていたので楽しみにしていました。
やっぱり、藤と言えば京都は平等院、奈良は春日大社ですね。
TBいただき、ありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2015-05-24 19:04
pradoさん、コメントありがとうございます。
久しぶりに平等院の藤を見る事ができました。
私は、連休前に行ったのですんなりと入る事ができましたが、すごい行列ができたそうですね。
Commented by deepseasons at 2015-05-24 19:06
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
蘇えった鳳凰堂と藤のコラボいいでしょう。
待ちに待った風景でした~
Commented by deepseasons at 2015-05-24 19:13
アラックさん、コメントありがとうございます。
ちょっと木が弱ってきていたので、修復期間がいい休みになったのでしょうね。
焦らずに、また見に来てください。
<< 無名舎 春日大社 >>