高台寺

e0177413_18584896.jpg

 悠久




e0177413_1902974.jpg

 朝から高台寺を訪れた
e0177413_191584.jpg

 ↑「拝観招待券」を使わせてもらった
e0177413_1933522.jpg

 快晴の天候の中、
e0177413_194491.jpg

 参道を進んでいった
e0177413_1954416.jpg

 方丈に朝日が射す
e0177413_1963142.jpg

 方丈前庭は番傘の演出
e0177413_19125327.jpg

 澄んだ秋空の下、
e0177413_1915184.jpg

 番傘が浮かび上がっていた
e0177413_19171599.jpg

 後から賑やかな声も聞こえてきた
e0177413_19181547.jpg

 小堀遠州の作による庭に向かう
e0177413_19212885.jpg

 その前にもう一度、外からも眺めておこう
e0177413_19231273.jpg

 臥龍池に紅葉が映り込む
e0177413_19242021.jpg

 随所に飾られていた熊本県の山鹿灯籠、
e0177413_1929689.jpg

 竹林の番傘も渋い演出だ
e0177413_1929584.jpg

 (14.11.24)


 なお、12月14日(日)まで俳優の井浦新さん監修によるライトアップ「悠久 ―光と陰―」が行われています


 
by deepseasons | 2014-11-28 21:00 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22607109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2014-11-30 00:00
タイトル : 悠久 - 光と陰 - 高台寺・秋景(後編)
高台寺・波心の庭。 今年は俳優の井浦新さん監修だそうです。 (※11月5日撮影) 書院では山鹿灯籠の展示が行われていました。 こちらは安土城。 精密にできています。 これ、全部紙でできているんですよ~。 スゴイです。金属の質感ありますもんね。 山鹿灯籠まつりではこの灯籠を頭に被って踊られます。 なるほど、紙で出来ているから軽いんですね。 矢壺型の灯籠もありました。 さぁ、お庭へ。 砂壇には「波心」の文字。そして、番傘がいっぱい...... more
<< 圓徳院 葵太夫奉納道中 下鴨神社 >>