藤袴咲く水尾

e0177413_1922185.jpg

 天空の花園



e0177413_19232024.jpg

 JR保津峡駅から徒歩なら一時間ほど上った山郷、
e0177413_1927134.jpg

 柚子の里、水尾で藤袴鑑賞会が行われていた
e0177413_1930216.jpg

 いい香りが一面に漂い、その芳香に誘われて
e0177413_19412833.jpg

 アサギマダラが集まっていた
e0177413_1947447.jpg

 特に涼しい午前中は吸蜜する為に数多く飛び交っていた
e0177413_19432775.jpg

 「海を渡るチョウ」とも言われ、
e0177413_1951576.jpg

 日本本土から南西諸島・台湾へ渡る個体も発見されているそうだ
e0177413_19311078.jpg

 生態調査の為にマーキングされた蝶も見られる 

 ↑NHK番組「ダーウィンが来た」スタッフが、「水」の文字があるのでこちらで印されたようだ
e0177413_19464319.jpg
 
 フジバカマの薄紅紫色に染まりそう一枚、
e0177413_20111078.jpg

 万葉集に秋の七草として詠まれているフジバカマは、準絶滅危惧種に指定されているが、
e0177413_20213440.jpg

 大原野で見つかった野生種を村の有志が植えられている
e0177413_2022494.jpg
 
 

e0177413_20243563.jpg

 乱舞するように飛んでいるのですが、
e0177413_20243141.jpg

 なかなか上手く表現できないなあ
e0177413_20253112.jpg



e0177413_20281071.jpg

 でも、山あいの冷気が心地いい 
e0177413_2026587.jpg

 大満足の朝でした
e0177413_1950871.jpg

 ↑こちらはアカタテハですね
e0177413_20301528.jpg

 帰りは一気に折畳み自転車で下った

 下り坂が心地よく調子に乗って鳥居本まで向かいましたが、峠越えがきつかったです。
 ちなみにJR保津峡駅から有料のマイクロバスが出ていますが、今年の水尾藤袴鑑賞会は
 10月1日で終了しています。

 フジバカマの花を観賞したい人は、梅小路公園 「朱雀の庭」に行けば10月5日(日)まで
 「藤袴と和の花展2014」が行われています。 また、真如堂境内等でも見る事ができます。
by deepseasons | 2014-10-02 21:13 | kyoto | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22439145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2014-10-04 13:29
タイトル : 黒部のアサギマダラ
ここで、渡りの君と出会えるなんて。その建設が世紀の大事業と語り継がれる黒部ダム。 当時の工事現場のダンプカーや破砕帯と格闘した沢山の男たちの足跡が今も残っている。 立山黒部アルペンルートの長野側起点としてよく知られている黒部ダムにやってきた。 この黒部湖を越えた先にあるのが立山だ。 ダムを渡り、虹を渡り、 全線地下式のケーブルカーに乗って、 標高1828mの黒部平に到着した。 黒部平の駅を出ると、広場が公園になっている。 何か圧倒的な力を感じ、後ろを振り返れば、...... more
Commented by 阿修羅王 at 2014-10-02 21:29 x
ああ、充分に乱舞の様子が判りますよ!上手いこと撮ってはりますね。
花が終わったあとは、お香の松栄堂さんが引き取って、お香の原料にされるようですね。
梅小路は気温が高くて精々3羽程度、それも日陰の遠い処、
真如堂に出かけた時はまだ咲いていなかったので解りませんが、
善峯寺でも見られます。
マーキングの是非は価値観の差ですね。
調査も大切なんでしょうけど・・・ 大きな個体に限ってマーキングしてあったりします。
どれくらい印を付けたいのでしょう。
Commented by dejikaji at 2014-10-02 21:48
deepseasonsさん、こんばんはです。
水尾行かれましたか。
朝の内は、ホンマに沢山のアサギマダラが所狭しと飛び回っておりましたね。
おっと!deepseasonsさんも、ダーウィンが来たのマーキング見付けられましたか。
この蝶が何処まで行くか楽しみですよね~。
Commented by prado9991 at 2014-10-02 22:45
お疲れ様でした。
チャリの峠越えしんどかったんじゃないですか~(笑)
でもこの風景を見ると疲れも吹っ飛んじゃうんじゃないでしょうか。
素晴らしい蝶の乱舞はまずこの藤袴とアサギマダラが一番じゃないでしょうか。
飛びものは難しいですね~、今回は望遠で狙って惨敗しました。
来年は広角で寄ってみようと考えています。

Commented by kurese0535 at 2014-10-03 00:29
こんばんわです。
水尾いかれたんですね〜、しかも自転車ですか!
お疲れさまです。
やはり朝はやいほどすごくたくさん飛んですみたいですね。
蝶、飛んでるときの撮影、難しいですね。全然撮れませんでした。
Commented by arak_okano at 2014-10-03 06:55
貴重な貴重な観賞会の様子を有り難うございます、正に天空の花園ですね、蝶たちの天国にバグースです。
Commented by youpv at 2014-10-03 10:51
おはようございます~。
自転車で峠越えは大変だったのではないでしょうか。
私はpradoさんの車に乗せてもらって帰りました(笑)
飛んでいる蝶は難しいですね。
Commented by deepseasons at 2014-10-03 23:59
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
実際に見た風景はもっと乱舞していたでしょう。 あの感じを何とか出せないかなと
欲が出てきますね。
かなり以前に最初に善峯寺で虫網で蝶を捕まえていた方を見かけた時は何をするんやと
思いました。 その後に初めてマーキングを知りました。
その是非はノーコメントにしておきます。 まあ、多くが蝶を愛しているだと思います。
あの香り、よく桜餅にも例えられますが、ええ匂いですね~
Commented by deepseasons at 2014-10-04 00:05
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
皆さん同じ日に行かれたようですが、私は週明けにお邪魔してきました。
教えていただいた大原野も行きたかったのですが、規模の大きいこちらをチョイスしました。
「ダーウィンが来た」を載せられている時は、あっと同じ個体やと思いましたよ~
あの頭数の中の一匹、考えてみたらすごい事ですね。
Commented by deepseasons at 2014-10-04 00:11
pradoさん、コメントありがとうございます。
ほとんど木立の中のマウンテンで涼しかったのですが、やはり着いた頃には汗が噴き出し
息が上っていました。
乱れた息を整えながら見えた光景は素晴しかったです。
広角寄りでも撮ってみたのですが、粘りが足らなかったようです。
Commented by deepseasons at 2014-10-04 00:16
kureseさん、コメントありがとうございます。
バスを待とうとも思ったのですが、まだ時間があるのでそのまま上ってみました。 
ラスト1.5kmの坂がきつかったですが、私でも行けました(笑)
次回に行ける機会があれば、もう少し早めに行きたいと思うのですが手段がないかなあ~
Commented by deepseasons at 2014-10-04 00:19
アラックさん、コメントありがとうございます。
天空の花園って、感じが少しでも伝える事ができたなら幸いです。
よく写真にすると現実より綺麗な場合もあるのですが、こちらは実際の方が数段、素晴しい光景です~
Commented by deepseasons at 2014-10-04 00:24
youpvさん、コメントありがとうございます。
水尾から保津峡駅までダウンヒルのみで爽快なのですが、なんかそのままの感じが
続くような錯覚と駅から鳥居本の道を知らなかったので先に進んだのが失敗でした。
あの峠はきついなあ~ ほぼ押して上らなければ行けなかったです~
<< 等持院の芙蓉 彼岸花咲く亀岡曽我部 >>