安井金比羅宮 櫛まつり時代風俗行列

e0177413_21183023.jpg

 めぐるめぐるよ





e0177413_21204447.jpg

 時代はめぐる
e0177413_21223119.jpg

 江戸から女性の風俗も変化に富み
e0177413_21253948.jpg

 文化と共に髪型も多彩にわたってきたようです
e0177413_2126810.jpg



e0177413_21262715.jpg



e0177413_2126437.jpg



e0177413_21265943.jpg



e0177413_21271631.jpg



e0177413_21273252.jpg



e0177413_21274946.jpg



e0177413_2128370.jpg



e0177413_21281651.jpg



e0177413_21283064.jpg

 ※櫛まつりは、時代考証に基づき、できるだけに忠実に結髪と着付をされていると聞いています。

  最後から3~5枚目に掲載させてもらったモデルが演じているのは、舞妓が芸妓になる衿替えの装いです。
  
  黒紋付に三本襟足の正装で、髪は先笄(さっこう)という江戸時代に若妻が結っていた髪形にされます。
  昔の芸舞妓さんは自由に結婚もできなかったので、せめて芸妓になる前に若妻の格好をさせてあげた
  とも言われています。
  素人である私が見てもなんとも舞妓が結う先笄は複雑で美しいものだと思います。
  そして、前の記事で掲載させてもらった黒髪の舞は、お座敷を廻りお世話になっている方の前だけで
  舞われます。
  舞妓にとって大切な舞である事をご認識していただき、今でも連綿と続く独特な京都の花街文化として
  見ていただければ幸いです。
  また、上映されている「舞妓はレディ」の中でも出てきますので、私の拙い説明をより認識いただけると
  思います。

  最後に、先笄の姿が忠実だといえど、違う点があります。
  本当はお歯黒です。 だから、白い歯の笑顔は見られません。
  あえて、そこは真似られなかったのでしょうね。
 
by deepseasons | 2014-09-24 20:50 | kyoto | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22415974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2014-09-24 21:24 x
白川橋で粘ってしまったので、一力さん前は撃沈でした。
外国人観光客に阻まれて、足台も役に立たず・・・
困ったちゃんおじさんにも邪魔されて(笑)
これでコツが掴めたので、来年はリベンジです。

毎回行くたびに思うのですが、
昔と比べたら顔つきなど随分と変わって来ているはずなのに、
皆さんほんまにようお似合いですよね。
やはりこれが日本人のDNAかと。
Commented by prado9991 at 2014-09-24 21:24
こんばんは
時代に伴い髪型も変化するさまがとても楽しいし、勉強にもなりますね。
↓の黒髪もそうですが、滅多に見られない髪型のオンパレード、本当に見ごたえがありますね。
テレビ&webデビュー、おめでとうございます(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-09-24 21:29
おお、これを巽橋と一力さん前で撮って、それでも黒髪に間に合った
のですね。スゴイです!
行列、なかなか見応えありそうですね。
昨年、22日が舟まつりと被って断念しましたが、よく考えると櫛祭り
の方が曜日固定で行きにくかった・・・昨年行っておけば良かったです(^^ゞ
Commented by arak_okano at 2014-09-24 22:03
これもひとつの時代祭りかと思ってしまいました、
見てみたいですね、やっぱりバグースです。
Commented at 2014-09-24 22:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cynchia at 2014-09-24 23:30
こんばんは、綺麗な方が沢山いらっしやいますね、
羨ましいです。
Commented by deepseasons at 2014-09-25 20:25
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
一力さんで横から狙いたいと事前計画し列を横切りいきました。
江戸の列が密になる辺りで見事に迷惑オヤジに邪魔されました。
でも、場の雰囲気を潰したくないので罵声は堪えました(笑)
3年連続の方もいらっしゃいました。
当たり前やけど、黒髪に日本人のDNAを感じます。
Commented by deepseasons at 2014-09-25 20:31
pradoさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。 髪型の変化が見ているともっと面白いのですが、
どうしてもスナップになると終わった後に反省しています。
テレビデビュー⁇⁇、あんまり茶化さんといてくださいな(笑)
Commented by deepseasons at 2014-09-25 20:38
katsuさん、コメントありがとうございます。
ちょっこと訂正すると、式典、奉納舞、行列の順番です。
美容業界の行事なので、月曜固定ですね。
いつも舞妓メインの面々が居らず、まだ2ヶ所で撮ろうかなと
気力が湧いてきます。
Commented by deepseasons at 2014-09-25 20:45
アラックさん、コメントありがとうございます。
実は女の時代祭とも言われています。
時代祭はいよいよ10月です。 こちらは花街から芸妓さんも参加されます。
Commented by deepseasons at 2014-09-25 20:47
鍵コメントさん、コメントありがとうございます。
いつもありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2014-09-25 20:51
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
綺麗なお嬢さんばかりでした。
西に傾き出した光に輝いておられました。
<< 彼岸花咲く明日香村稲渕 安井金比羅宮 櫛まつり奉納舞 >>