安井金比羅宮 櫛まつり奉納舞

e0177413_17591792.jpg

 黒髪



e0177413_1814083.jpg

 「櫛に感謝する心を」
e0177413_18431128.jpg

 久志塚前で櫛供養が行われた後、
e0177413_18451779.jpg

 舞殿で奉納舞踊があった
e0177413_18475452.jpg

 舞は黒髪、
e0177413_1850424.jpg

 髪は先笄、
e0177413_1851471.jpg

 舞妓が襟替えの前の
e0177413_18521885.jpg

 わずかな期間だけ結われます
e0177413_1853445.jpg



e0177413_18532622.jpg

 井上流を習われている綺麗なお嬢さんでした


 ※黒髪は、地唄舞です。
  櫛まつりは、時代考証に基づき、できるだけに忠実に結髪と着付をされていると聞いています。
  このモデルが演じているのは、舞妓が芸妓になる衿替えの儀式です。
  舞妓が黒紋付に三本襟足の正装で、髪は先笄(さっこう)という江戸時代に若妻が結っていた髪形に
  されます。
  そして、お座敷を廻りお世話になっている方の前だけで舞われるのが、黒髪だそうです。
  舞妓にとって大切な舞である事をご認識していただき、今でも連綿と続く独特な京都の花街文化として
  も見ていただければ幸いです。
  また、上映されている「舞妓はレディ」の中でも出てきますので、私の拙い説明をより認識いただけると
  思います。
 
by deepseasons | 2014-09-23 18:55 | kyoto | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22412496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 阿修羅王 at 2014-09-23 19:15 x
はい、本当に美しい方でしたね。
巽橋のところでは、何枚も撮らせていただきましたよ。
早くから場所取りをされたんですか?こんな真ん前で羨まし~(>_<)
テレビにも映りやすい危険な位置でもありますが。
Commented by たーや at 2014-09-23 22:08 x
昨日は、お疲れ様でした。
ドセンターですね。舞がどんなのかが全く見えないところでしたので、
こちらでなるほど~と満足しました。その後も良かったですね。
またよろしゅうに!
Commented by kwc_photo at 2014-09-23 22:59
いやぁ、特等席でいいもの見せてもらいました。
そして、deepさんも私の八朔と同じく、全国NHKニュースデビュー(笑)
でも、これを撮るためなら、やっぱり早めに場所取りで真ん中ですね。

この方も井上流を習っておられるのですね~!
先笄を結った方が黒髪を・・・貴重な舞でしたね。
Commented by ei5184 at 2014-09-24 04:32
やはり立って撮るほうが好かったです(笑)
櫛まつり、初めてでしたが時代風俗をとても興味深く見学しました。特に江戸時代は!
さて、黒髪の舞なんですが、私は掲載を迷っています。
イベントとして素人モデルさんが披露されているのですが、
五花街では芸妓になる直前の舞妓だけに許される舞です。
それが伝統継承であり、格式なんですね~
今日行列を急ぎ掲載しました。末尾にその事を触れています。
ご意見などがありましたら、宜しくお願いします。
Commented by youpv at 2014-09-24 10:57
おはようございます~。
特等席からの眺めですね。
櫛まつり、一度も行った事がないですので
非常に新鮮に見せていただきました。

それにしてもカメラマン、多すぎですね(^^;)
Commented by ei5184 at 2014-09-24 11:14
再びですが、私の取り越し苦労だったようです。
芸舞妓は先の通りなのですが、一般の方については特に問題がないそうです。
どうぞご心配なく(笑)
Commented by deepseasons at 2014-09-24 18:34
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
この日は、早朝よりたっぷりと亀岡で彼岸花を撮影し早めの昼食を済ませてから
この場にきています。 このニュアンスから大体の到着時間を察していただけると
思います(笑) 本殿の両サイドにテレビカメラが2台、いやな気がしましたがやっぱり・・・
はずかしいです~
Commented by deepseasons at 2014-09-24 18:43
たーやさん、コメントありがとうございます。
もう遅いかなと思いながらの到着でしたが、2列目にまずまずの場所確保できました。
久志塚前の櫛供養も見たいのですが、それは欲深過ぎますね。
滅多に見られる舞ではないので、シャッターのタイミングが難しかったです~
Commented by deepseasons at 2014-09-24 18:48
Katsuさん、コメントありがとうございます。
それが、そんなに痺れるほど早い到着でもないのですよ。
自分が見ていない中で、皆さんがテレビ放映を見られているのは変な気分ですね。
えっ、京都だけでなく全国向けのニュースですか。 はずかし~
そのように紹介されていた記憶しています。 扇子も使わないし間違いないと・・・
Commented by deepseasons at 2014-09-24 18:51
eiさん、コメントありがとうございます。
再コメントもいただいたようですが、私の記事の中でも注釈をつけさせてもらいました。
あくまでも、私のブログを見ていただいている皆様へ向けたメッセージです。
アドバイスありがとうございます。
Commented by deepseasons at 2014-09-24 18:54
youpvさん、コメントありがとうございます。
こちらの舞殿は狭いので、ほんまに眼の前で舞っていただいているような至近距離です。
その分、カメラマンも多く見えますが、平日の月曜日だったので少ないほうだと思います。
それと芸舞妓専門の皆様方も来られておりません(笑)
Commented by deepseasons at 2014-09-24 18:58
eiさん、コメントありがとうございます。
わざわざ、eiさんルートでご確認までしていただいたんですね。
eiさんの↑前のコメントを朝に見させてもらって、私なりの注釈をつけさせてもらいました。
<< 安井金比羅宮 櫛まつり時代風俗行列 本薬師寺跡 >>