妙蓮寺

e0177413_16184567.jpg

 秋の訪れ




e0177413_1621558.jpg

 山門に続く参道に
e0177413_16214254.jpg

 鮮やかな芙蓉が
e0177413_16235876.jpg

 今年も咲いた
e0177413_16242091.jpg

 午後の厳しい
e0177413_1625116.jpg

 陽射しを浴びていた
e0177413_16255031.jpg

 そして、
e0177413_16261984.jpg

 芙蓉の木陰には
e0177413_16264856.jpg

 真紅に織りなしていた 


 ※奥書院の十六羅漢石庭にも彼岸花が咲くが、奥の隅に蕾が3本程立ち上がっていたを目視した。
  更に列をなして咲くかどうかは推測できないです。
by deepseasons | 2014-09-12 22:33 | kyoto | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22381750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2014-09-12 23:28
妙蓮寺、こんなに早くから咲いたのですね。
もう枯れかけているものもあるとか(^_^;)
今年の秋は一気に駆け抜けるのか・・・とちょっと心配になりますが。

この花を見ると、やっぱり涼しさが感じられるようになりますね。
明日行ってみようかなと思います(^-^)
Commented by 阿修羅王 at 2014-09-13 05:43 x
おはようございます。
芙蓉の木陰は撮り難いですね。書院のお庭に咲いてくれたら嬉しいのですが。
境内の他の場所も立ち上がってきたばかりなので、
ちょっと期待して待ちたいと思います。
Commented by ei5184 at 2014-09-13 06:40
へえ~此処は御会式桜だけかと思っていましたが、以外でしたね! 
来週辺りからあちこちで彼岸花が賑わいそうですね!
私は未だ「風の盆」の真っ只中ですが(笑)
Commented by arak_okano at 2014-09-13 07:30
おはようございます、着ましたね、早いですね。
バグースです。
行きたかったですね、でも時間がなかったです。
京都はやっぱり、仕事以外で行きたいです。
輪違屋さんは、人の波に巻き込まれました。
近藤さんの書やマリア様の灯篭には近づくことも
出来ませんでしたが、行くことが出来て幸せでした。
Commented by cynchia at 2014-09-13 14:03
こんにちは、彼岸花綺麗に咲き誇っていますね。
素晴らしいです。
Commented by deepseasons at 2014-09-13 16:00
katsuさん、コメントありがとうございます。
今で平年並みの気温という事らしいですね。
もう色づき始めたもみじをよくみかけますが、
このまま、縮れて枯れないよう順調に染まって欲しいですね。
Commented by deepseasons at 2014-09-13 16:04
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
密度の高いラインは、これが見頃かなと思います。
書院の庭、どうでしょうか?
あまり、ニョキニョキが見られませんでした〜
Commented by deepseasons at 2014-09-13 16:11
eiさん、コメントありがとうございます。
明日香もいよいよ咲き始めたようです。
とこまでも続くレッドラインを見に行けるかなあ〜
Commented by deepseasons at 2014-09-13 16:14
アラックさん、コメントありがとうございます。
やはり古都はプライベートでまったりしたいですね〜
夏の旅は、9月に入っても人気ですか。
Commented by deepseasons at 2014-09-13 16:18
cynchiaさん、コメントありがとうございます。
彼岸花の花弁は柔らかいので痛むのも早いです。
あまり天気がいい日が続くと、白く退色するんですよ。
花の命は短いなあ〜
Commented by nuran at 2014-09-14 07:45
彼岸花って、うまく撮れなくて、むずかしいです
昔はさみしい花だと思ってたけど、写真撮るようになってから
思いが変わりました
Commented by deepseasons at 2014-09-14 19:12
nuranさん、コメントありがとうございます。
私は田舎育ちなので、田んぼの畦道のいたるところに咲いていて
気持ち悪いなあとなぎ倒して歩いていました。
呼び方も狐のかんざしでした。
それが今や咲いているをわざわざ捜しに行っています。
<< 高桐院 スーパームーンを愛でる >>