島原 角屋

e0177413_9345267.jpg

 華やぎ



e0177413_1013632.jpg

 江戸時代の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構
e0177413_105208.jpg

 「揚屋」とは、お客様に遊宴してもらうところ
 島原では太夫や芸妓を派遣する「置屋」と分業制をとっていた
e0177413_10151955.jpg

 中戸口から風格が漂う
e0177413_10163575.jpg

 揚屋は江戸時代、民間最大の宴会場だったので大きな台所もある
e0177413_10224487.jpg

 けっして遊郭ではないのです
e0177413_10245060.jpg



e0177413_10244420.jpg

 奥に見えてくる坪庭に
e0177413_10252667.jpg

 ワクワクしてきた
e0177413_1028368.jpg

 網代の間、格子から差しこむ光が美しい
e0177413_10323817.jpg

 振り向けば坪庭が浮かぶ
e0177413_10335799.jpg

 雨が打ち水した庭に
e0177413_10363920.jpg

 涼を感じる

e0177413_10372686.jpg

 そして、1階奥が松の間
e0177413_10383544.jpg

 2階の座敷にお客様を揚げたことから「揚屋」と言われたが
e0177413_10415670.jpg

 江戸中期以降は1階を主たる座敷とし大座敷や広庭を備え、大宴会場へ特化していった
e0177413_10424082.jpg

 正面に臥龍松を見据え
e0177413_10524919.jpg

 茶室に通じる渡廊下にも格式を感じる
e0177413_1054349.jpg

 遊宴のみならず、お茶会や句会なども行われ
e0177413_10572085.jpg

 文化サロンとしての役割を果たしたそうです
e0177413_10564285.jpg

 お客様もおもてなしに
e0177413_10585139.jpg

 上機嫌で帰られたことでしょう
e0177413_10592317.jpg


 ※文面の説明は、パンフから引用させてもらっています。
  文化や歴史を少しでも正しく知る事が重要だと思いました。
  
 ※島原角屋は、第39回京の夏の旅で9月14日まで1階のみ公開されています。
  15日以降は、「角屋もてなしの文化美術館」として期間限定で公開されます。
  但し、料金が異なり、2階も事前予約での別料金になりますので、事前にご確認ください。 
by deepseasons | 2014-09-05 19:07 | kyoto | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22361094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2014-09-15 17:58
タイトル : 角屋・現存する唯一の揚屋建築の美
松の庭が美しい角屋さん。 京都最大の料亭(揚屋)として名を馳せたこのお店の魅力、「京の夏の旅」で堪能です。 島原大門。 かつてここをくぐる人は、夢の世界に誘われたのでしょうね。 提灯の文字も味があります。 さぁ、角屋さんが見えてきました。 圧倒的な格子造りの建物。隆盛を誇った姿は健在です。 家紋の入った暖簾。 見事です。 お客様入口。 赤壁が使われた一角です。 高級感を出すための工夫ですね。一力さんなどでもこの赤壁が使われていますよね。...... more
Commented by dejikaji at 2014-09-05 21:42
deepseasonsさん、こんばんはです。
島原、行かれましたね。
角屋さんへは、当初行く予定してなかったんですが、普段より入場料が安いので久しぶりに行きましたが、改めてこちらの素晴らしさに感動しました。
撮りながら、当時はどんな賑わいだったのかと思いを馳せました。
Commented by davidmittu at 2014-09-05 23:40
こんばんは。
実は本日角屋さん行ってきました~。
芹沢鴨の見た景色を想像しながら歴史ロマンを感じていました(笑)
Commented by kirafune at 2014-09-05 23:44
deepseasonsさん

こんばんは!
素晴らしいお庭と建物ですね。
見惚れてしまいます。
正に文化サロン的な佇まい。
ここでどんな会話がどんな人々の間でなされたのか。
今はしんと静まり返る角屋さんの片隅で
じっと想像を巡らすのも、また乙ですね。
Commented by kwc_photo at 2014-09-06 00:32
雨の角屋さんもいいですね~。
本当に広い台所、そしてやっぱり松の間はすばらしい。
焼け残った一枚板の杉は、二階の縁側になっているそうですね。
そう言われると、二階に上がりたくなりますが、15日以降1800円コースですね(笑)
Commented by arak_okano at 2014-09-06 07:51
大変な歴史と文化の象徴でもあったのですね、バグースです。アラック、時間がありましたらいきたいのですが、島原の二者選択に迷っています。
Commented by deepseasons at 2014-09-07 19:33
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
実は島原はお初でした。
バイトしてた時に、何度か朝早くに隣の市場に買い出しの
手伝いに行った事はありました。
座敷から当時の賑わった声が聞こえてきそうですね。
Commented by deepseasons at 2014-09-07 19:36
davidmittuさん、コメントありがとうございます。
いかれたんですね。 ガイドの方の芹沢鴨の話を
私も興味深く聞かせてもらいました。
Commented by deepseasons at 2014-09-07 19:40
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
なぜか、台所の忙しい足音や廊下を行き交う人のざわめき、
座敷の笑い声などが聞こえてきそうでした。
Commented by deepseasons at 2014-09-07 19:44
katsuさん、コメントありがとうございます。
雨が打ち水した庭が綺麗でした。
団体さんの入れ替わり時に、ぽっかり空いた座敷で思いを馳せました。
Commented by deepseasons at 2014-09-07 19:45
アラックさん、コメントありがとうございます。
京都駅からも近いので、是非とも寄ってほしい場所
ですね〜
<< 島原 輪違屋 舞妓勝奈 上七軒の夜 >>