祇園祭後祭 山鉾巡行1

e0177413_1084043.jpg

 復活



e0177413_1084942.jpg

 49年ぶりに復活した後祭の山鉾巡行が24日にあった
e0177413_10122397.jpg

 後祭の先頭は「くじ取らず」の橋弁慶山
 弁慶と牛若丸が五条大橋で戦う姿を表す
e0177413_10145061.jpg

 胴懸は「加茂葵祭行列図」絨毯で円山応挙の下絵と伝えられている
e0177413_10173494.jpg

 前日の宵山では会所の2階に飾られ浮かびあがる
e0177413_10201052.jpg

 2番目も「くじ取らず」の北観音山、「上り観音山」とも呼ばれ楊柳観音坐像と韋駄天立像が乗る
e0177413_10293852.jpg

 囃子方の帯につけられた布がお洒落だ
e0177413_10321976.jpg

 見事に「辻廻し」を終え、前祭とは逆に河原町通を南下していった
e0177413_1034258.jpg

 見送は「鳳凰宝散額唐子嬉遊図」は17世紀の中国の綴錦
e0177413_10403962.jpg

 宵山風情、さりげなく芸舞妓さんもそぞろ歩いています
e0177413_10423593.jpg

 この界隈の屏風飾りも見応えがある
e0177413_1044244.jpg

 3番八幡山、普段は会所の庭に祀られている八幡宮を山に乗せて巡行する
e0177413_1047054.jpg

 こちらの見送も、17世紀中国明代の綴織「婦女嬉遊図」
e0177413_10485620.jpg

 宵山で会所を巡ると、
e0177413_1050844.jpg

 様々な会所飾りの美術品の数々を目にする事ができる
e0177413_10512496.jpg

 八幡山が所有する屏風飾りも秀逸だ
e0177413_1056412.jpg

 4番浄妙山、平家物語の宇治川の合戦を題材にした山
e0177413_10584781.jpg

 「悪しう候、浄妙坊」、一来法師が僧兵筒井浄妙の頭上を飛び越え先頭に出る瞬間
e0177413_1126213.jpg

 会所飾りでは宇治川合戦の屏風を背景に2体が並ぶ
e0177413_1143147.jpg

 暮れなずむ空の下、格子窓に灯りが映りこんだ
e0177413_1153695.jpg

 5番鈴鹿山、伊勢国鈴鹿山で道行く人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現「瀬織津姫命」の
 伝説を題材にした山
e0177413_11102926.jpg

 女人の姿で金の烏帽子をかぶり能面、太刀姿
e0177413_1113225.jpg

 会所飾りでは間近で見る事ができる


 前日の宵山より京都に乗り込んでの撮影にした為に、この様な構成にしたが見苦しいかもしれない
 フォトブックを見るような感覚で気軽に見ていただければ幸いです 

 6番「くじ取らず」南観音山に続く
by deepseasons | 2014-07-26 12:00 | kyoto | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/22234270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-07-26 21:18
2014年の46年ぶりの、二回の祭をいっぱい
ありがとうございます。本当に感謝感謝ばかりです。
臨場感たっぷりで見入ってしまいます、バグースです。
定年後は行きたいと思っています。
Commented by deepseasons at 2014-07-27 14:21
アラックさん、コメントありがとうございます。
とにかく、全ての鉾をお届けしたく、もっとも臨場感がでる撮影場所をセレクトしました。
色々とトラブルもありましたが、次回で全て前23と後10全てお見せします。
<< 祇園祭後祭 山鉾巡行2 祇園祭 あばれ観音 >>