桜咲く哲学の道

e0177413_913618.jpg

 関雪桜



e0177413_953165.jpg

 哲学の道の桜並木は、
e0177413_973022.jpg

 近くに居を構えた
e0177413_985394.jpg

 日本画家橋本関雪と妻よねが
e0177413_9104521.jpg

 画家として大成できた京都へのお礼として
e0177413_913162.jpg

 大正11年に桜の苗木を寄贈したのが始まりとされる
e0177413_9152317.jpg

 当時の桜は樹齢を尽きたが
e0177413_916462.jpg

 桜守佐野藤右衛門らの手により
e0177413_9174338.jpg

 植え替えられ現在に至っている
e0177413_9182233.jpg

 朝日が射し込む川をこさぎが歩いていた
by deepseasons | 2014-04-20 20:27 | kyoto | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21911919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2014-04-20 20:50
やっぱりじっくり撮らないといけませんね、哲学の道の傑作集にバグースです。素晴らしいな、感動しました。アラックの5分間撮影では何も撮れません。
Commented by kwc_photo at 2014-04-21 00:11
今年は哲学の道を歩けませんでした(^_^;)
ここは桜だけでなく、レンギョウや椿などもたくさん咲くので、花盛りですよね。
来年は歩きたいなぁと強く思いました(^-^)
哲学の道、秋より春のほうが好きなんですよね~。
Commented by bi-camera at 2014-04-21 00:11
本当に美しい、これが京都の桜だわ~と感じました。
数々の京都の桜をみせて頂いてありがとうございます。
ぜんぜん見に行けませんでしたので、嬉しかったです~♪
Commented by youpv at 2014-04-21 12:06
こんにちは~。
やはり哲学の道は歩くだけでも
気持ちいいですよね(^^)
私も桜満開の中を歩いて癒されましたよ(^^)
Commented by ei5184 at 2014-04-21 18:45
秋の紅葉時も桜の時も、最近はタイミングが合っていません!
時期合わせに苦労しています。
そこで時期に関係が無い被写体にしてしまう舞妓撮影です(笑)
Commented by deepseasons at 2014-04-21 18:57
アラックさん、コメントありがとうございます。
中々、じっくりと撮影できないベストシーズンの京都ですね〜
この日は少し早めの行動が功を奏したようです。
Commented by deepseasons at 2014-04-21 19:01
katsuさん、コメントありがとうございます。
そうですよね。 いろんな花、カラーが重なり合うのがいい
ですよね〜 私も秋より春の風情が好きです。
Commented by deepseasons at 2014-04-21 19:04
bi-cameraさん、コメントありがとうございます。
うれしいコメントに感謝いたします。
予定では4月中は京都の桜が続きますが、飽きずに
見てあげて下さい。
Commented by deepseasons at 2014-04-21 19:09
youpvさん、コメントありがとうございます。
特に朝の散策は、格別です。 清々しい気持ちになれます。
今年は紅しだれが早かった分、ソメイヨシノとバッチリと
競演になりました。
Commented by deepseasons at 2014-04-21 19:17
eiさん、コメントありがとうございます。
舞妓の方が高嶺の花でございます(笑)
風景は、少しの努力でなんとか皆さんに見てもらえる
ものになります…
Commented by たーや at 2014-04-21 23:21 x
京都4月は大変ですね。
どこを朝一に選ぶか。
でも私、残業で朝一動けず(笑
哲学の道、南へ行けば女子高生と桜も撮れたかと。
今回は静かな哲学の道、堪能です。
Commented by deepseasons at 2014-04-22 19:15
たーやさん、コメントありがとうございます。
ちょっとでも空いている時間があれば、京都に通ってしまいます。
それたけ魅力ある桜の名所が多いです。
撮影していた時も、ちょうど通学が始まった時間帯でした。
<< 圓光寺の桜 常寂光寺、そして二尊院 >>