東山花灯路 寸景

e0177413_9573962.jpg

 道を照らす



e0177413_1012013.jpg

 寸景とは、
e0177413_1022365.jpg

 広辞苑では
e0177413_1025363.jpg

 「ちょっとした景色」
e0177413_1032858.jpg

 「わずかな一場面」だそうだ
e0177413_1041898.jpg

 ロケーションを変えて
e0177413_1045578.jpg

 ちょっと目線を変えれば
e0177413_1062637.jpg

 また違う風景と出会える
e0177413_1091890.jpg

 風景の切り取りが
e0177413_10101222.jpg

 「寸景」じゃないかと
e0177413_1010372.jpg

 思えてきた
e0177413_1011839.jpg



e0177413_10112582.jpg



e0177413_10114160.jpg



e0177413_10115982.jpg

by deepseasons | 2014-03-30 20:48 | kyoto | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21838955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2014-03-30 22:29
タイトル : 京都・東山花灯路2014 街歩き編
花灯路といえば、灯籠に彩られた路地が魅力的。 そんな京都の美しき夜の一面をお届けします。 法観寺さんから街歩きを始めました。 ちょっとブレてますが、着物姿の女性がいい雰囲気で歩いてくれました。 産寧坂方面へ歩みを進めます。 石畳をほんのりと照らしだす明かりが綺麗です。 丸い明かり。 温かさを感じますね。 お目当ての石塀小路にやって来ました。 法観寺も見えるこの場所の路地を入ると・・・ お気に入りのクランク路地。 灯籠の明かりがともしだす...... more
Commented by prado9991 at 2014-03-30 21:50
こんばんは
やはり風情がありますね~。
濡れた石畳に反射する光、何とも言えませんよね。
私は奉納舞踊だけでしたので、ここで楽しませていただけて嬉しいです。
Commented by kwc_photo at 2014-03-30 22:29
おお~、よく歩かれましたね~。
私はここまで歩けませんで、法観寺周辺と高台寺・石塀小路周辺だけ
でしたが、やっぱり街歩きは楽しいですね。
雨の日だと、人も少なめですかね。私も来年は雨狙いしようかな。
TBさせていただきますね~。
Commented by davidmittu at 2014-03-31 07:59
おはようございます。
同じ場所であっても撮り方、視点を変えるだけで全く違う
景色にもなりますね!
もっと視野を広く持とうと思いました(^^)
Commented by deepseasons at 2014-03-31 19:42
pradoさん、コメントありがとうございます。
大回りした仕事明けの寄り道を最大限に利用しました。
やはり雨の日が路面も濡れて風情がましますね。
Commented by deepseasons at 2014-03-31 19:49
katsuさん、コメントありがとうございます。
katsuさんの去年撮られた雨の日が印象に残っており、
なんとか仕事明けにいけるチャンスにも恵まれ行った
次第です。 もう少し激しく雨が続けば…と思うのですが、
早めにあがった事もありすぐに人通りが多くなりました。
Commented by deepseasons at 2014-03-31 19:54
davidmittuさん、コメントありがとうございます。
ちょっと視線を変えれば、違った世界も見えてきます。
どう切り取るかにより違ってくるのも写真の楽しみですね〜
<< 舞妓勝奈 夜の上七軒 東山花灯路 奉納舞踊 >>