東山花灯路 八坂の塔

e0177413_932174.jpg

 シンボリック



e0177413_9152579.jpg

 ともし火に導かれ
e0177413_9183913.jpg

 雨のねねの道を往く
e0177413_9194450.jpg

 八坂通の先、
e0177413_9204795.jpg

 見上げる塔は
e0177413_9341458.jpg

 壮大だ
e0177413_9234991.jpg

 見え隠れするのは、はっさくだろうか
e0177413_9271123.jpg

 清水に向かう坂の
e0177413_9282160.jpg

 途中から見下ろす
e0177413_9301918.jpg

 まさにシンボリックな存在だ
by deepseasons | 2014-03-28 18:54 | kyoto | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21831732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2014-03-29 05:24
多い時は毎週のように見ていましたが、こうやって拝見すると
又再確認をしている様な!
濡れた石畳が好いですね~
ここにはもう一つの楽しみがありますが、今度お知らせしましょう(笑)
Commented by arak_okano at 2014-03-29 07:58
石畳の輝きにバグースです。後三分で京都駅です。
Commented by deepseasons at 2014-03-29 18:23
eiさん、コメントありがとうございます。
お伝えしたい花情報もあるのですが、今月いっばいは
こんな感じで終わらせます〜
八坂通の楽しみといえば… ワクワクです。
Commented by deepseasons at 2014-03-29 18:26
アラックさん、コメントありがとうございます。
私は仕事でしたが、京都は楽しめましたか。
あまり天候がよくなかったようですが、桜は堪能しましたか。
Commented by kirafune at 2014-03-29 20:38
雨に濡れた石畳がしっとりと美しいですね。
あ、アラックさん、また京都に行ってる・・・。
deepseasons さん、お仕事だったのですね。
お疲れ様でした。
桜の京都では、こんなに静かな石畳の道を
歩くのは難しくなりますね~。
こちらで楽しませていただきました^^
Commented by deepseasons at 2014-03-30 20:47
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
八坂通に着いた頃には、雨も上がり人が次々と来られ始めました。
石畳もどんどん乾いていきましたが、それでも訪問者も少なめで静かに花灯路を
楽しむ事ができました~ 雲母舟さんも京都の桜を愛でに来られるのですか。
<< 東山花灯路 奉納舞踊 長徳寺おかめ桜、そして >>