東山花灯路 華

e0177413_7254913.jpg

 HANA



e0177413_7265356.jpg

 華のある風景


 それは塀から見え隠れする紅梅、
e0177413_7291337.jpg

 普段は入れない寺院の有楽椿、
e0177413_7301416.jpg

 協力してくれたお嬢さんたち、
e0177413_7312368.jpg

 また玄関先のもてなしか
e0177413_731429.jpg

 子供達の歓声、
e0177413_7324190.jpg

 僕を導いた石段に
e0177413_7332082.jpg

 寄り添うように咲く椿、


 そしてその先の
e0177413_7341617.jpg

 門の白梅
e0177413_735491.jpg

 幻想的な
e0177413_7353181.jpg

 「狐の嫁入り」
e0177413_7444182.jpg

 圓徳院の椿、
e0177413_7475065.jpg

 幻想的ないけばな
e0177413_7461095.jpg

 借景の紅梅は作者の意図だろうか


e0177413_7481637.jpg

 栗田大燈呂、
e0177413_7495920.jpg

 訪れる多くの人々が一番の「華やぎ」からもしれない 
by deepseasons | 2014-03-26 20:55 | kyoto | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21825607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nararanran at 2014-03-26 21:36
こんばんは~
そうですね、人が賑わってこそ愉しいのだと感じます。
同じ見ていても誰もいなければ寂しいですね。

写真、夜なのにどれもバチッと写っていて見惚れています。
そして最後にため息~。
すてきやなぁ~
写真でこうやって見てる人を釘付けに出来るってdeepseasons さん、素敵です
Commented by arak_okano at 2014-03-27 08:00
東山、ただの明りだけではない、凄いもようしがいっぱいあるのですね、知りませんでした、バグースです。桜は一気に駆け足でしょうか?
Commented by deepseasons at 2014-03-27 19:27
nararanranさん、コメントありがとうございます。
うれしい事を言ってくれるではないですか。 感謝いたします。
見ていただいている方に、来年は自分も撮りに行こうと思えるような写真を
お届けしたいと思っています~
Commented by deepseasons at 2014-03-27 19:31
アラックさん、コメントありがとうございます。
冬の嵐山より東山の方が催しも多く、撮り応えがあります。
いよいよ、関西も開花宣言、糸桜は見頃を迎えてきたようです。
駆け足になりそうですね~
Commented by ei at 2014-03-28 18:21 x
なな、何と何時の間にか一般女性を巻き込む術を習得されましたか(笑)
私はこう云う自然体と偶然が大好き! 今後も期待しています!
Commented by deepseasons at 2014-03-28 18:50
eiさん、コメントありがとうございます。
そのコメント待っていました〜
eiさん譲りの術としておきましょう(笑)
まずは彼女らのカメラで撮ってあげて、スキンシップを
図りながら撮るという初歩的な術でございます。
<< 長徳寺おかめ桜、そして 東山花灯路 石塀小路 >>