城南宮のしだれ梅 

e0177413_18264637.jpg

 しだれる2



e0177413_1830024.jpg

 朝日が射し込む城南宮神苑
e0177413_1830537.jpg

 源氏物語花の庭
e0177413_18313833.jpg

 春の山に
e0177413_18354240.jpg
  
 しだれ梅が咲き誇り 
e0177413_18373665.jpg

 もっと華やぐ季節が
e0177413_18411837.jpg

 やってきた
e0177413_18433690.jpg

 春の陽光に包まれ
e0177413_18411658.jpg

 冬のトンネルをぬけて
e0177413_18432326.jpg

 やっと
e0177413_18415463.jpg

 梅春がやってきた


e0177413_18435676.jpg

 花に誘われ
e0177413_18441242.jpg

 心地よく
e0177413_18443667.jpg

 庭を巡る
e0177413_18445288.jpg

 気持ちいいなあ
e0177413_18451032.jpg

 突然、流れたアナウンスに
e0177413_18452643.jpg

 誘われて、10時から
e0177413_18454214.jpg

 梅が枝巫女神楽を見させてもらい
e0177413_1846043.jpg

 足取りも軽く駅に向かった


 (2014/3/7)
by deepseasons | 2014-03-13 20:16 | kyoto | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21780174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dejikaji at 2014-03-13 20:50
deepseasonsさん、こんばんはです。
梅園の画になる場所は同じように撮ってますね、自分が撮ったのと同じのが何枚もあって、一人笑っております(^◇^)
椿、今年は咲いてくれたおかげで撮れました。
梅が枝巫女神楽、これ撮り忘れておりました!
丁度10時前ぐらいに次の場所へ向かってましたんで・・・・(ToT)/~~~
Commented by ei5184 at 2014-03-13 21:26
ははは・・・やっぱり行かれましたか!
私もその積もりで京都駅からのバスの時刻まで確認していました。
ですが好事魔多し? 行事は重なり、悩んだ挙句断念。
ではこの週末は? マタマタ別件が。結局来年かも(笑)
Commented by 阿修羅王 at 2014-03-13 22:17 x
こんばんは。
華が咲きそろいましたね。サプライズとはこれでしたか。
いいなぁ、いいなぁ。
このような行事があったんですね。
夕方仕事終わりの雨上がりは真冬並みに寒かったのですが、
この春の陽気にまったりとなごみました。
Commented by arak_okano at 2014-03-14 07:42
いや、素晴らしいタイミングでの訪問でしたねバグースです。もうないですね。アラック明日行こうかな?休もうかな。
Commented by deepseasons at 2014-03-14 21:50
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
dejikajiさんのブログを見させてもらいましたが、一時間弱で撮ったとは思えない
ショットの数々ですね。 春の山はマンネリ構図やと思いながらも毎年同じような
構図で撮っています~ 
Commented by deepseasons at 2014-03-14 21:54
eiさん、コメントありがとうございます。
eiさんも忙しそうですね。 どんな行事だったのか、興味津々です。
私は午後からの仕事前の得意な大回り出勤「三都物語」でした(笑)
運行バスができたようですが、私は電車の最寄り駅から歩きパターンです。
Commented by deepseasons at 2014-03-14 21:59
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
「梅が枝巫女神楽」は、サプライズでなくて毎日10時からやっているようです。
ホームページにも掲載されていました。 一部、咲いていない枝もあり来週ぐらいまでは
楽しめそうです。 散り絨毯も広がり、おそらく週末は上も下も楽しめそうです~
Commented by deepseasons at 2014-03-14 22:03
アラックさん、コメントありがとうございます。
情報では見頃になっていましたが、神職さんも七分だと言われていました。
今週末ぐらいが程よいと思うのですが、無理はされないように・・・
<< 興正寺の紅白梅 舞妓勝奈 紅梅 >>