芸妓とし夏菜 襟替え

e0177413_19383535.jpg

 赤から白襟へ



e0177413_19392772.jpg

 芸妓へのお披露目の時、 
e0177413_2128117.jpg

 襦袢の襟がこれまでの赤から 
 

e0177413_19395970.jpg

 白い襟に替わる事から  
e0177413_1940307.jpg

 「襟替え」といわれる 
e0177413_21354310.jpg

 黒紋付にお太鼓、
e0177413_21364684.jpg

 新しい鬘を被れば、
e0177413_2138932.jpg

 更に麗しげさが増す
e0177413_21472884.jpg

 おかあさんを気遣いながら
e0177413_21474483.jpg

 お茶屋さんに回られる
e0177413_214967.jpg

 姿が印象的だった
 

e0177413_21493172.jpg

 「お頼み申します、お母はん」
e0177413_21502737.jpg

 小さな声やけど
e0177413_21512849.jpg

 ハッキリと
e0177413_21514631.jpg

 聞こえてきた
e0177413_2152585.jpg


  
e0177413_21524376.jpg

 おきばりやす 
by deepseasons | 2014-02-18 19:27 | kyoto | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21699810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2014-02-18 19:50
おっ、襟替えにいかれましたね!
私は最後の日に(笑)
ところが未だ黒髪の現像が出来ていません!
襟替えの掲載は3月になってからか???
Commented by prado9991 at 2014-02-18 21:48
こんばんは
襟替えも行かれたんですね~。
私も仕事をしながらウズウズしていました。
先笄と襟替えでとし夏菜ちゃんシリーズは完璧ですね。
先笄の時とはまた違ったとし夏菜ちゃんにメロメロです~。
Commented by kwc_photo at 2014-02-19 00:43
なんと!襟替えにも行かれていましたか。これはうらやましい~。
この数日のとし夏菜さん連続アップに、毎日うっとりしています。
芸妓さんになると、また雰囲気が変りますね。
お母さんとのツーショットが、とてもいい物語に見えます。
ホント、佳き日ですね(^-^)
Commented by 阿修羅王 at 2014-02-19 06:42 x
おはようございます。
なんと羨ましい!襟替えにも行かはったんですね。
仕事で考える暇もありませんでしたが、
今こうやって拝見すると、ほんとにこの滲み出るような美しい姿を、
実際にこの目で見たかったですね。
しっかりカメラ目線もいただいてますよね。
Commented by davidmittu at 2014-02-19 08:49
おはようございます。
芸妓とし夏菜さんを拝見できて嬉しいです。
舞妓から芸妓への変わり目を見られるなんて貴重ですね!
ほんの数日でこうも大人びた雰囲気に変わるとは。
Commented by arak_okano at 2014-02-19 17:18
舞妓さんも、いろいろな仕来たりがあるのですね、それを丁寧に撮影されている姿にバグースです。週末の京都、車検の車を取りに行くので諦めました、雪で2週間置きっぱなしですからね。来週末に梅を見に行きたいな。
Commented by kirafune at 2014-02-20 09:00
赤から白へ。
舞妓から芸妓へ。
だから、襟かえなのですね。
納得のお写真でした。
おかあさんのきりっとした顔つきも
背筋がしゃんとのびますね。
厳しい世界なんだろうなあ。
Commented by youpv at 2014-02-20 18:43
こんばんは~。
行かれたのですね。
私は全然行ける状況では
ありませんでしたので
こちらで見せていただけて嬉しいです。
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:02
eiさん、コメントありがとうございます。
休みが取れたので行ってきました。
流石に人気がありますね。 平日なのに、50人
程ギャラリーがいました。 eiさんはネタが豊富
そうです。 減量までされて舞われた黒髪を
楽しみにお待ちしております。
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:11
pardoさん、コメントありがとうございます。
せっかく、貴重な先笄を撮らせてもらったので、
是非とも襟替えまでと思いながら行ってきました。
現場で、「なんで、今日は仲間は来てないの」と茶化されましたが、普通は行けないですよね。
鬘をかぶると、更に艶やかさがましますね、
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:25
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
ありがたくもリアルで見させてもらいました。
感謝感激です。
しおらしい仕草とは別に、芸妓でやっていくという決意のようなものが溢れていました。
なかなか、目線合わせができなかったです。
「襟替えも行くよ」とアピールしとくべきでした。
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:31
davidmittuさん、コメントありがとうございます。
ホンマに貴重な体験をさせてもらいました。
先笄の時に、おそらく一度は最高に美しい輝きを
放ち、更に芸妓になられて一層に美しさを増して
いかれるんだろうなと思いましたよ。
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:36
アラックさん、コメントありがとうございます。
伝統が街角でも息づいているのが、京都の魅力の一つ
ですね。 焦らなくても、まだ早咲きの梅がチラホラ
綻んできただけですよ。 今年はちょっと梅見も
遅くなりそうです。
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:44
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
流石に女同士ですね。
私があえて触れなかった部分まで感じられたとは、
大したもんです。
おかあさんが時折、私らにではなく彼女への厳しい表情もありました。
芸の世界の厳しさ、その反面で彼女への愛情を
感じましたよ。
Commented by deepseasons at 2014-02-20 19:48
youpvさん、コメントありがとうございます。
平日の昼過ぎですよ。 普通は行けなくて当然です。
逆に私は今シーズンは週末の雪の度に不完全燃焼です(笑)
Commented by deepseasons at 2014-02-21 18:35
katsuさん、コメントありがとうございます。
襟替えも行っちゃいましたよ〜
ギャラリーも多く撮れるかどうかも心配だったんですが、
なんとか先回りもしポジション確保しました。
先笄の時のインパクトがあまりに大きかったですが、
益々、魅力を増されていくでしょうね。
何故か、鍵コメントになっていました。 修正させて
いただきます。
<< 八坂さんから、そして 舞妓とし夏菜 先笄2 >>