舞妓とし夏菜 先笄2

e0177413_9495123.jpg

 先笄姿




e0177413_9505928.jpg

 「祇園さんの節分祭」の頃、
e0177413_9522739.jpg

 さざんかの紅色
e0177413_1055671.jpg

 黒紋付の着物に
e0177413_9561882.jpg

 紅の襟
e0177413_9543913.jpg

 さしたる紅の
e0177413_9574355.jpg

 艶やかさ
e0177413_957745.jpg

 鶴が舞い
e0177413_1064895.jpg
 
 金糸の帯の鮮やかさ
e0177413_107957.jpg

 お喜び申し上げます


 
 (あじき路地  焼菓子専門店Maison de Kuuu前にて)
by deepseasons | 2014-02-16 21:15 | kyoto | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21693163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ei5184 at 2014-02-16 21:29
あじき路地での夏菜さん、活きていますね~
ご存知の方はここが有名になった映画と夏菜さんが重なり合うかも?
次は無いかも知れませんでしたので、お天気に感謝(笑)
Commented by prado9991 at 2014-02-16 21:44
こんばんは
お!モノクロバージョンとふたパターンできましたか。
お気持ち分かります。
あじき路地のレトロな雰囲気と夏菜ちゃんの華やかさが対比して凄く良いですね。
レンズに向ける微笑みが、私に微笑んでくれてるように感じます。
Commented by 阿修羅王 at 2014-02-16 22:24 x
こんばんは。
きっと皆さん、自分に微笑んでくれていると思っているはずです(笑)
路地の雰囲気と、黒紋付きが解け合っているようでしたね。
Commented by kwc_photo at 2014-02-17 00:06
いやはや、お見事。
モノクロ&カラーかぁ。素敵です。
本当に映画のワンシーンのようでしたもんね。
モノクロ映画とカラー映画。タイムスリップしてきたかのような
とし夏菜さんでした。

私も、視線をもらってズキューン!でした(^-^)
あじき路地、本当に晴れて良かった。おめでたいハレの日ですね。
Commented by belgium44 at 2014-02-17 19:12
こんばんは~♪
美しいですね~、カラーとモノクロ両方楽しませてもらいました。
写っている路地の雰囲気と建物もよく、黒紋付のお着物と紅や
所々に見える赤がいいですね。
山茶花と一緒に映っている数枚の写真も好きです。
Commented by youpv at 2014-02-18 07:20
おはようございます~。
阿修羅王さんと同じく自分に対して
微笑んでくれているように感じました(^^)
風情ある空間と本人との調和が最高でしたね。
Commented by davidmittu at 2014-02-18 08:54
おはようございます。
カラーもまた美しいですね。
透き通るような瞳に吸い込まれ、
同年代とは思えない魅力に魅了されました。笑
Commented by 雲母舟 at 2014-02-18 09:21 x
おはようございます❗️
路地なのに、なんて艶やかな(^。^)
彼女がいるかいないかで
周囲の空気感、景色が
ガラリと変わってみえますね。
俯き加減のお写真も情緒があって
素敵です。
Commented by deepseasons at 2014-02-18 18:57
eiさん、コメントありがとうございます。
大正にできた町屋長屋、しかも路地に咲くさざんかを見て、直ぐに撮影の
イメージが涌いてきました。 とし夏菜さんの豊かな表情、プロ意識がすばらしい
ですね。 先笄姿の貴重な時を初めてリアルに見させてもらいました。
ほんまに、お天気にも、eiさんを始め仲間にも、そしてとし夏菜さんに感謝感謝
です。
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:01
pradoさん、コメントありがとうございます。
半ば、強引なふたパターンですが、雰囲気の違う路地に同調して構成したら、
こんなになりました(笑) 微笑にゾクッとしますね。
口元が綻ぶ寸前の含み笑いが、なんとも艶っぽいです。 これ以上、笑われると・・・
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:05
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
皆様に、彼女の素敵な微笑を伝えることができて最高です。
とっさに望遠にレンズを取り替えた甲斐がありました(笑)
阿修羅王さんが撮られた散った花弁の足元アップの写真もよかったなあ~
京都には味わい深い路地がいっぱいありますね~
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:12
katsuさん、コメントありがとうございます。
そうですね。 私の中でもリアルに見ているのに、何故か映像を見ている
ような不思議な感覚でした。 彼女の豊かな表現力、そして仕草に酔い
しれました。 やっぱりお声をかけて了解を得た上で、心地よくシャッターを
押す事が、そのまま写真にも活きてくるんやなと思った次第です。
まったくハレの日、天候が回復してくれてよかったです。
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:16
さおりさん、コメントありがとうございます。
彼女のお陰で、いい写真を撮ることができました。 赤がええ感じのインパクト
になったなあと思っています。 舞妓から芸妓になると、赤から白襟に替わり
ます。 続いて、そんな記事を載せますので合わせて見てくださいね。
さざんかの花もちょうどいいアクセントになってくれました。
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:19
youpvさん、コメントありがとうございます。
バックが少し灯が洩れた黒い格子だったので、余計に彼女の笑顔が引き
立ったのではないかと思っています。
とし夏菜さんのプロ意識に脱帽です。 30分ぐらいでしたでしょうか。
夢か幻のような時間でしたね。
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:22
davidmittuさん、コメントありがとうございます。
ねっ、厳選8枚だけで終わらなかったでしょう(笑)
昔から女の子の方がおませだと言いますが、まったくその通りですね。
davidmittuさんの魅力的な写真も、しかと拝見させてもらいましたよ。
Commented by deepseasons at 2014-02-18 19:26
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
「周囲の空気感、景色がガラリと変わってみえますね。」、まったくその通り!
現場でも空気までがパッと華やいで違ったものになりました。
俯き加減の写真は、今、私のパソコンのデスクトップに貼りついています(笑)
<< 芸妓とし夏菜 襟替え 舞妓とし夏菜 先笄 >>