宝泉院

e0177413_942352.jpg

 「額装の水墨画」 



e0177413_944162.jpg

 門の向こう、
e0177413_945219.jpg

 近江富士を型どる五葉の松も冠雪
e0177413_9495582.jpg

 梅花には早いが「松竹梅」
e0177413_9552091.jpg

 白黒の庭風景に
e0177413_953757.jpg

 紅い毛氈が浮かびあがる
e0177413_9583377.jpg

 室内に流れ込む冷気の中、
e0177413_9592756.jpg

 きりりとした庭風景を眺め
e0177413_1032080.jpg

 水琴窟の音色に癒される
e0177413_1043486.jpg

 「額装された水墨画」
e0177413_1052287.jpg

 鶴亀庭園の蹲に
e0177413_1071864.jpg

 水揚げされた西洋花、
e0177413_1084696.jpg

 囲炉裏の部屋、
e0177413_10104571.jpg

 宝楽園と雪景色を堪能した

 
by deepseasons | 2014-01-03 12:30 | kyoto | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21526472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pretty-bacchus at 2014-01-03 13:23
雪の宝泉院美しいですね〜〜!

Commented by youpv at 2014-01-03 19:39
こんばんは。
先日はありがとうございました。
雪の宝泉院、綺麗でしたね(^-^)
純粋に美しい風景に癒されました(^-^)

本年も宜しくお願い致します。
Commented by kwc_photo at 2014-01-04 00:15
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

PCが不調で出遅れておりますが、私も宝泉院、現像しなくては・・・
初雪としては上々な雪景色でしたよね。
さすが私の30分前。雪の量が違いますね。やっぱり京都の雪は
幻だなぁと思います。同じ景色が続かないですよね。
Commented by ei5184 at 2014-01-04 05:44
初冠雪に出遅れてしまいました(笑)
この冬は予報によりますと雪が多いとか?
次回は日程さえ合えば冬タイヤのマイカーで(笑)
Commented by 阿修羅王 at 2014-01-04 07:41 x
おはようございます。
陽が射す前の静寂、堪りませんよね。
ほんの短い間に景色が変わります。
だから景色は生きているんですよね。

次の雪はいつかなぁ。お休みの日だといいけどなぁ。
私、冬になれば雪女、夏になれば台風女やから、
祈れば通じるかも知れません(笑)
Commented by deepseasons at 2014-01-04 21:18
pretty-bacchusさん、こめんとありがとうございます。
雪が余分なモノを全て包み込んでくれるので、シンプルな日本庭園が
更に引き立たせてくれます。
Commented by deepseasons at 2014-01-04 21:20
youpvさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、下山までご一緒させていただきありがとうございました。
やっぱり、宝泉院の雰囲気は最高です。 まさに風景に癒されます。
Commented by deepseasons at 2014-01-04 21:24
katsuさん、コメントありがとうございます。
私は上手く開門と同時に入る事ができました。 阿修羅王さんところで
見させてもらいましたが、前に座り込む人も少なく額縁庭園を楽しむ事
ができたようですね。 アップされるのを楽しみにしています。
Commented by deepseasons at 2014-01-04 21:28
eiさん、コメントありがとうございます。
確かに雪が多いと聞いていますが、なかなか積ってくれませんね~
それに休みのタイミングも合わないと撮れないというジレンマがついて
回ります。 冬用タイヤもないので遠出できないし・・・
Commented by deepseasons at 2014-01-04 21:31
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
そうですね~ 京都の雪は一日ももたない時もよくあります。
まさに果敢なさ故の美しさです。 次の積雪はいつになるのかなあ~
気をもみます。
<< 実光院 三千院 >>