厭離庵

e0177413_184834100.jpg

 朱の風景



e0177413_18502451.jpg

 紅葉の時期のみ公開される
e0177413_18563934.jpg

 厭離庵は藤原定家の山荘跡で
e0177413_1859512.jpg

 小倉百人一首を編纂した処だ
e0177413_1903672.jpg

 ↑ここまでが11月下旬に訪れたものであるが



e0177413_1925394.jpg

 12月に入ってから再訪させてもらった
e0177413_194632.jpg

 散り紅葉が見たかったのである
e0177413_1975334.jpg
 
 一目で見渡せる小さな庭ながら
e0177413_1981962.jpg

 魅力をあふれる庭を堪能させてもらった
e0177413_1991832.jpg



e0177413_1910161.jpg



e0177413_1994689.jpg



e0177413_1912677.jpg
 

 

e0177413_19125562.jpg

 微笑の少女、また会いに来ますね
by deepseasons | 2013-12-11 23:21 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21440294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2013-12-12 20:29
タイトル : 深紅の庭(厭離庵)
この小さなお庭の「紅(くれない)」を何と表現しましょうか。 嵯我野・厭離庵へ。 入口でも真っ赤なもみじがお出迎え。 小さな茅葺きの向こうにも、踏み石が真っ赤な海に浮かぶかのような、散り紅葉。 しかし、本当の赤はこちら。 小さなお庭が、文字通り深紅に染まります。 ちょうど散りが始まったお庭。 まだ上にも真っ赤な葉が残っていて、何とも美しい光景。 いやはや、美しい・・・。 見ている間にも、風で赤い葉が舞い散ります。 一抹の寂しさも感じますね。 ...... more
<< 天龍寺 常寂光寺 >>