常林寺、そして

e0177413_2142066.jpg

 萩の寺



e0177413_2143413.jpg

 「萩の寺」の門をくぐると
e0177413_21434910.jpg

 境内所狭しと
e0177413_21442130.jpg

 紅白の萩が咲き乱れる
e0177413_21444453.jpg

 朝はまったくの逆光、
e0177413_21455028.jpg

 すすきがぎらついていた


 

 

 そして、続いて訪れたのが、





e0177413_21473719.jpg





e0177413_2149710.jpg





e0177413_21485852.jpg

e0177413_21494375.jpg






e0177413_2149344.jpg





e0177413_21501513.jpg





すっかり、午後から常林寺を再訪しようと思っていた事を忘れてました
by deepseasons | 2013-09-25 00:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/21111218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from たーやのBlog~人生、.. at 2013-10-03 01:05
タイトル : 萩愛でる、静かなお寺、常林寺
9月23日、梨木神社からの萩の寺、常林寺へ。... more
Commented by ei at 2013-09-25 04:59 x
萩の花もいいのですが、つづいて・・・の華はもっと好い(笑)

さて、どこでしょうか? 色紋付を着た舞妓さん?の様にも見えますが
舞妓は素足ではありえませんし・・・むむ謎めいた(笑)
Commented by arak_okano at 2013-09-25 07:13
ご免なさい。萩も良い、お嬢様も素敵、でニャン君の寛ぎにバグースです。
Commented by 阿修羅王 at 2013-09-25 07:17 x
おはようございます。
太夫道中かと思いきや、あれは10月でした。
はて・・・
Commented by deepseasons at 2013-09-25 20:09
eiさん、コメントありがとうございます。
祝日と言うのに、いつものご年配カメラマンのご一行様、メジャーなの
かそうでないのか判断難しい祭事ですが、花見小路の一角は例の砲列
状態に帰ろうかなと思っていたらラストの娘さんに助けられてテンション
アップというのが本音です(笑)
Commented by deepseasons at 2013-09-25 20:11
アラックさん、コメントありがとうございます。
最初の「御免なさい。」の意味が判らなかったのですが、一枚ずつ小出し
アップもいいですね。 癖になりそうです~
Commented by deepseasons at 2013-09-25 20:14
阿修羅王さん、コメントありがとうございます。
阿修羅王さんには判ると思ったのですが、「はてな」ですか。
少しニンマリしています。 周りはご年配カメラマンのご一行様だらけ
でした。 皆さん、このネタが好きなようです~
Commented by dejikaji at 2013-09-25 20:52
deepseasonsさん、こんばんはです。
常林寺、今年は早く行ってしまったので、ちょっと物足りない光景でした。
やはり満開の時は遠目でも華やかですね~♪
残りのお写真、何処のでしょうか?
お庭の写真は千両ヶ辻の「大宮庵さん」じゃないでしょうか?
着物姿の女性は???
この日は晴明神社のお祭りと、安井金比羅宮の櫛祭がありましたから、どちらかでしょうか???
Commented by deepseasons at 2013-09-25 21:37
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
大正解です。 でも、晴明祭まで千両が辻にいると櫛祭に間に合わない
ので祇園まで自転車で移動しました。 直ぐに本編アップします。
Commented by prado9991 at 2013-09-25 22:05
こんばんは
常林寺、台風にも負けず良い状態が続いていたようですね。
朝一は逆光で本当に撮りづらいですよね。
千両が辻行かれていたんですね、私も午後からKastuさんと水野さん宅で遊んでいました。
櫛まつり、行こうか迷ったんですが、高瀬川の船祭りに行っていました。
Commented by deepseasons at 2013-09-25 22:19
pradoさん、コメントありがとうございます。
pradoさんとご一緒なら、以前のように水野さん宅でも会話も弾んだ
事でしょう。 この日も色んな選択肢がありましたよね。 私は坪庭を
撮りたくて10時スタートに千両が辻にお伺いし、高瀬川の人だかりは
なんだろうと横目で見ながら、ポートレートの被写体を求めて祇園に
向かった次第です(笑) 千両が辻も船祭りレポも楽しみです。
Commented by belgium44 at 2013-09-26 00:27
こんばんは~♪
常林寺の萩、私は多分同日の午後に撮りに行ってきました。
こじんまりとした境内でピンク・白の萩がいい感じに
咲き誇っていましたね。
1枚目、ここからこう撮ればよかったんだ・・と参考になります。
この記事だったら、後半はどこなのか?わかりませんでしたが
これでは、午後からの再訪を忘れてしまいますよね^^
古墳時代のスタイルは見る機会がなく面白いなぁ。
それにしてもこの連休、どこにいってもご年配の方がすごかったなぁ。
Commented by nuran at 2013-09-26 21:30
なんというか、心にしみ入る 趣といいましょうか
いいですねぇー こういう世界も、私は好きなんです
光に浮かび上がる 「静寂」 というんでしょうか、表現がヘンですけど
萩といえば、うちの母が、だいすきなんですよ
Commented by deepseasons at 2013-09-27 00:05
さおりさん、コメントありがとうございます。
私は、連休で唯一、この日が休みだったので頑張って撮影しました。
そうなんです~ すっかりと午後から寄る事を忘れて帰路について
いました。 ご年配の人が一眼に重たそうなレンズをつけてパワーが
すごいですね~
Commented by deepseasons at 2013-09-27 00:10
nuranさん、コメントありがとうございます。
うれしいなあ~ 本編の萩の写真をそのように言っていただいて、感謝
します。 逆光の中、この小さな花をどのように撮ろうかと思いましたが
結構いい感じに仕上がったので掲載させてもらった次第です~
<< 安井金比羅宮 櫛まつり 彼岸花咲く葛城古道 >>