法然院

e0177413_18545013.jpg

 春季伽藍内特別公開



e0177413_1856890.jpg

 参道の向こうに葺き替えられた山門が現れる
e0177413_1915947.jpg

 表玄関を入ると、いきなり建物に囲まれた庭に出くわす
e0177413_196599.jpg

 廊下の端から振り返ると椿が空を覆っていた
e0177413_20305242.jpg

 更に廊下を進むと、方丈に見え隠れするように山桜が咲き、
e0177413_20352795.jpg
 
 反対側には方丈と大書院に挟まれた中庭がある


 外から想像できない広い空間に驚くばかりである
e0177413_204135.jpg

 そして、本堂北側が「三銘椿の庭」
e0177413_20434083.jpg

 五色散り椿、貴椿、花笠椿が
e0177413_2046962.jpg

 整然と並んでいるのが壮麗である
e0177413_20535628.jpg

 更に圧巻なのは、中庭の水盤の椿
e0177413_20551466.jpg

 境内に咲く色とりどりの椿が活けられ
e0177413_2057139.jpg

 見るもの全ての目を奪われる
e0177413_20594321.jpg

 次回の公開が待ち遠しい


 (13.4.3)
by deepseasons | 2013-04-15 00:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/20226733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-04-16 07:53
タイトル : 法然院の春
静寂の中で椿の花が輝いていた。 東山の緑に抱かれた念仏道場、法然院。 山門へと続く参道の石段には、藪椿が落下していた。 普段は非公開の伽藍へ、椿に導かれ入った。 毎年春と秋に特別公開される本堂の中庭で、春は三銘椿が見られる。 五色散椿、貴(あて)椿、花笠椿の三銘椿が並んで植えられていた。 苔むした庭に落椿の風雅さよ。 清泉が絶えることなく湧き出ている方丈庭園は、どこまでも清々しい。 目を閉じれば、心の池にも椿の花が浮かんで見えた。 (撮影4...... more
Commented by arak_okano at 2013-04-15 07:36
額縁も素晴らしいですね、でも、お寺さんの心遣いのいけた椿にバグースです。バリ島のホテルのようです。
Commented by youpv at 2013-04-15 11:00
おはようございます~。
私も訪れましたが、ものすごいピーカンの日だったので
落ち着いた雰囲気では撮れませんでした(><)
やっぱり椿が何ともいえず、素晴らしいですよね。
Commented by deepseasons at 2013-04-15 22:53
アラックさん、コメントありがとうございます。
花に癒されるのは、万国共通かもしれません。
最高に境内が華やぐ時だけ拝観されるお寺だからこそ、その美しさも
増すような気がします。 撮影はできませんが、仏様もいいお顔されて
いましたよ~
Commented by deepseasons at 2013-04-15 22:57
youpvさん、コメントありがとうございます。
私は曇空の方が花がしっとりしていて好きかもしれません。 あまり晴れ
に恵まれていないので、強がりかもしれませんが本当にそう思います。
法然院は、魅力いっぱいの場所ですね~
Commented by kirafune at 2013-04-16 07:52
おはようございます。
deepseasonsさんのところで
今年も法然院さんの椿が見られました。
ありがとうございます!!
Commented by kwc_photo at 2013-04-16 12:21
水盤の椿のカラフルなこと!これだけでも撮りに行く価値がありますね。
落椿の美しい頃に行きたいと思いつつ、人事異動もあって京都市内が
遠くなりました(;_;)
来年、機会があれば訪れたいと思いました。
Commented by deepseasons at 2013-04-17 20:59
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
今年の法然院春の特別公開をお見せする事ができて幸いです。
少し落椿が少ないのような気がしましたが、いい風景を出会う事が
できました。 思わず、長居をしてしまい修学院離宮の参観時間に
遅れそうになり焦りましたよ(笑)
Commented by deepseasons at 2013-04-17 21:03
katsuさん、コメントありがとうございます。
言われるとおり、水盤だけでも見る価値あります。 是非とも行って
くださいね。 お会いしたときにも転勤の件をお聞きしました。
でも、まだまだ私が京都へ足げに通うよりは近いですよ~
<< 修学院離宮 下離宮の桜 霊鑑寺 >>