霊鑑寺

e0177413_19331549.jpg

 椿の寺



e0177413_19404098.jpg

 書院前の庭に名椿「日光椿」が咲く頃、
e0177413_19444333.jpg

 もっとも庭が華やぐ 
e0177413_19453786.jpg

 尼門跡寺院らしい  
e0177413_19465281.jpg

 さりげないもてなし
e0177413_18235359.jpg

 気品を感じる
e0177413_18272934.jpg
 
 散策路を振り返ってみた
e0177413_18282661.jpg

 透過光で見る薄紅色、
e0177413_18332384.jpg
 
 耽美的な色合い
e0177413_18353410.jpg
 
 やっぱり、ここは「椿の寺」
e0177413_18421768.jpg

 心が和んできますね
e0177413_21515647.jpg

 喧騒とした「哲学の道」とは違い
e0177413_21532942.jpg

 静かに花と向き合う事ができた
 
 (13.4.3)

 
by deepseasons | 2013-04-14 00:00 | kyoto | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/20207151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by belgium44 at 2013-04-14 00:10
こんばんは~♪
素晴らしいですね~!
私は行くのが少し早すぎました、まさに「椿の寺」と呼ばれるのが
よ~くわかるいい時期といい写真。
沢山の椿の演出もたっぷり楽しませてもらいました。
いつになるかわからないけど、次チャンスがあれば
遅めに行ってみたいです。
Commented by youpv at 2013-04-14 06:03
おはようございます。
私も先日訪れましたが、
ピーカンでしたので
落ち着いた感じが全く出ませんでした。
こういう天気の時に訪れたいですね。
Commented by arak_okano at 2013-04-14 12:45
凄いカラフル、お寺さんに怒られてしまいますが、アラックはバリ島のホテルの飾り付けを思い浮かべてしまいました、バグース!
Commented by dejikaji at 2013-04-14 17:12
deepseasonsさん、こんにちはです。
しまった~!今年はここ行こうと思っていたんですが、桜撮りに夢中になりすぎててすっかり忘れてしまってました(汗
いや~、どれもしっとりとした落ち着いて雰囲気でたまりません♪
来年は絶対忘れずに行きたいと思います!
Commented by kwc_photo at 2013-04-14 18:14
今年は桜が忙しすぎて、椿をすっかり放置でした( ̄ω ̄;)!!
霊鑑寺も冬の旅で一度行ったこともあって、すっかり行った気になって
いましたが、やっぱりピークは桜の初めの頃ですよね。

しかし圧巻の落椿。一面ピンクじゃないですか~!
やはり見応えのある椿の寺ですね。
来年は気をつけておこうっと(^-^)。
グラスに詰まった落椿は、宝石のようですね。
Commented by deepseasons at 2013-04-14 18:59
さおりさん、コメントありがとうございます。
いろんな種類の椿が咲くのでどのポイントが見頃か判断が難しいです。
メインは日光椿なので、落花が少なく早すぎると思うし、他の椿は逆に
散ったのは早咲きのようですでに退色したものが多かったです。
公開終了間際の方が良さそうですね。
Commented by deepseasons at 2013-04-14 19:02
youpvさん、コメントありがとうございます。
落ち着いた尼門跡寺院の雰囲気を出したいのなら、曇空か雨がいい
ですね。 実際に少し雨が降り出したのですが、傘をもっていなかった
のでこれ以上降らないで複雑な心境でした。
Commented by deepseasons at 2013-04-14 19:08
アラックさん、コメントありがとうございます。
私は、全然、怒られないと思います。 仏教もインドから伝来したし、
バリヒンドウにも通じるモノがありますよね。 散華や活花すらその
へんから来たのではないか、勝手に思っています。
私もバリやタイを連想しましたよ~
Commented by deepseasons at 2013-04-14 21:08
dajikajiさん、コメントありがとうございます。
今年は、冬の特別公開があったのでないのかと思いましたが、哲学の
道を歩いていると案内がありました。 哲学の道の人の多さに少しへこ
たれていましたので、避難するようにこちらにお伺いしました。
法然院と共に大正解でした~
Commented by deepseasons at 2013-04-14 21:13
katsuさん、コメントありがとうございます。
ピンクの落椿は、いつも楽しみにしています。 実はカタカナの名前が
ついていて西洋モノのようです。 侘助のように実は小ぶりの花なん
ですよ~ 少し痛んだ花も多かったので、画面いっぱいに寄りもしたの
ですが、若干厳しかったです。 切子の器に浮かんだ椿がいいでしょう。
Commented by prado9991 at 2013-04-14 22:58
こんばんは
私も法然院の後行こうかと思っていましたが、桜を優先してしまい行けませんでした。
ピンクの落ち椿凄いですね、蹲の花も法然院ほど派手じゃなく良いですね。
Commented by kirafune at 2013-04-14 23:03
ああ、なんて素敵な光景。
3枚目、苔にピンクの花びらが美しいですね。
今度、行きたくなりました。
Commented by deepseasons at 2013-04-15 22:42
pradoさん、コメントありがとうございます。
法然院と霊鑑寺の蹲は、どちらも甲乙つけがたい対照的な美しさだと
いえます。 そしてピンクの落椿には、いつも驚かされ何枚も写真を
撮ってしまいますね。
Commented by deepseasons at 2013-04-15 22:47
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
皆さん、ピンクの落花に心奪われたようですね。
本当に小さな花なんですが、ここだけ敷きつめたように落ちているん
ですよ。 以前にも一度、ご紹介した事があるんですが、実際に見る
ともっと感動すると思いますので是非とも一度見にきてくださいね~
<< 法然院 哲学の道 >>