東山花灯路 3/3

e0177413_17133277.jpg

 静寂の世界



e0177413_1714292.jpg

 石塀小路をもう一度
e0177413_17151829.jpg

 一緒に散策しよう
e0177413_17153291.jpg


e0177413_17154913.jpg


e0177413_1716824.jpg


e0177413_17165968.jpg


e0177413_17171381.jpg


e0177413_17172821.jpg


e0177413_1717452.jpg


e0177413_1718042.jpg


e0177413_1718156.jpg


e0177413_17182899.jpg


e0177413_17184518.jpg

 私が案内できるのは、此処まです   以上


 期間中の複数日に撮影しています 
by deepseasons | 2013-03-24 00:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19980299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-03-24 11:04
タイトル : 東京に京都「花灯路」
あれっ、もう「東山花灯路」の季節? <aここは、ホテル椿山荘東京。 庭園内には、早くも紅梅が咲き始めていた。 知人の結婚式が終わり、庭園に出てみると、 そこには 京都「東山花灯路」の世界が再現されていた。 ここは、京都か東京か。 夢の世界へと導かれた。 (撮影2月11日) ホテル椿山荘東京「東山花灯路」:2013年2月1日(金)~28日(木) ホテル椿山荘東京 東京都文京区関口 2-10-8 電話:03-3943-1111...... more
Commented by kwc_photo at 2013-03-24 00:28
おお、この石塀小路に傘が飾られた日があったのですね。
これはうらやましいなぁ。いい演出です。
そして、無人ショットの数々。やっぱり遅い目の時間帯でしょうか。
私は雨狙いで無人で撮れましたが、近年人が増えたので、なかなか
難しくなって来ましたね~。
Commented by kirafune at 2013-03-24 11:02
わあ、素敵です。
和傘が置いてあるのがいい感じですね。
ご一緒に散歩した気分にさせていただきました。
Commented by dejikaji at 2013-03-24 20:14
deepseasonsさん、こんばんはです。
3シリーズ堪能させてもらいました!
いや~、しかしよくこれだけ撮られましたね、何度も行かれたとは頭が下がりますm(__)m
石塀小路のクランク、和傘が置かれてるなんて初めて見ました!
これは羨ましすぎます。
Commented by deepseasons at 2013-03-24 21:16
katsuさん、コメントありがとうございます。
和傘は早い仕事が上がれた日に妻と待ち合わせをし、行った日です。
手持ちでさっと撮りましたが、出会えたのはこの日限りでした。
そんなに遅い時間帯でもないと思います。 掲載分で一番遅いのが
20時50分頃です。
Commented by deepseasons at 2013-03-24 21:19
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
ご一緒に散策する雰囲気を醸したくて、編集してみました。
せめて、画面上だけでもはんなりと情緒に慕っていただければ幸いです。
実際には、当然すごい人出でしたが、ほんの瞬間を捉えています。
Commented by deepseasons at 2013-03-24 21:22
dejikajiさん、コメントありがとうございます。
撮影は3日間でしています。 一日は奉納舞踊でほぼ終わりました。
幸いにも人が途切れそうな角度を狙って、一瞬を撮影しています。
和傘は偶然にもラッキーだったようですね~
Commented by youpv at 2013-03-25 06:39
おはようございます~。
皆様も仰っていますが
和傘の写真が素晴らしくいいですね。
無人撮影もお見事です(^^)
Commented by deepseasons at 2013-03-25 21:40
youpvさん、コメントありがとうございます。
どうも近くの方が実施されていたようで、通行客に「和傘を差した写真を
撮りませんか」と薦められていました。
毎日実施されているのかと思いますが、そうでもないようですね。
無人の写真、苦労しましたが、一瞬のチャンスはあるものなのですね。
<< 元離宮二条城梅林 東山花灯路 2/3 >>