西国街道 ひな人形めぐり

e0177413_2052529.jpg

 向日町 西国街道沿い



e0177413_2054327.jpg

 まずは、中小路家住宅
e0177413_20554012.jpg

 長岡京までさかのぼる由緒あるお宅らしい
e0177413_20593343.jpg

 江戸から平成に至る雛人形が並ぶ様子は圧巻だ
e0177413_2123666.jpg

 時代を追って衣装やお顔の表情が違い
e0177413_214692.jpg

 雛人形の奥深さを感じる
e0177413_216755.jpg

 続いて訪れたのが塩崎家
 ご近所から出展された多くの雛飾りが所狭しと並ぶ
e0177413_2157862.jpg

 江戸時代後期の古今雛
e0177413_21581255.jpg

 飾り物も丁寧に作られており素晴しい
e0177413_21593728.jpg

 明治時代の古今雛
e0177413_2204398.jpg

 確かな資料がないが、おそらく大正時代の古今雛


 お茶のお誘いも受けたが、先を急ぐ失礼をお詫びしお宅を出た
 実は午後からの出勤前に立ち寄ったのである


 そして、向日町駅に向かう途中で目を引いたのが、
e0177413_22173987.jpg

 京都乙訓神崎屋で
e0177413_2218332.jpg

 店頭に盛られた早堀筍にも驚かされたが
e0177413_222099.jpg

 雛飾りとのコラボが見どころだった


 玄関に「どうぞ、中に入ってごらんください」と書かれた場所が数多くあったが、
 京料理屋や美容院に入っていくのは、少し勇気がいる


 でも、来年はじっくりと巡りたいと思えた
by deepseasons | 2013-03-06 00:00 | kyoto | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19899018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by belgium44 at 2013-03-06 00:41
こんばんは~♪
味のある八百屋さんのような筍の専門店と思ったら
何とお雛さんが一緒に並んでいる。
江戸時代~現代のものまでが並んでいるのですね、特に江戸と
明治に作られたものはじっくり拝見したいものです。
街道・旧街道も大好きなので来年の楽しみに覚えておかないと^^
Commented by kirafune at 2013-03-06 07:39
面白い取り合わせを見せていただきました。
滅多にないですね。
筍とお雛様の組み合わせ。
思わず中へ入ってしまいそう。
そして、筍、買ってしまったかも^^
Commented by kwc_photo at 2013-03-06 08:13
出勤前シリーズだったのですね〜(^^)
ひな壇が並ぶ様子、圧巻です。
これは一度行きたいなぁと思ってます。
八百屋さん、というか筍屋さんもひな壇を飾ってらっしゃるのですね。
おいでやす、の文字に味があって、見入ってしまいました。
雛飾りを巡る西国街道のお散歩、ぜひ来年は計画します!
Commented by deepseasons at 2013-03-06 23:49
さおりさん、コメントありがとうございます。
早堀筍が売られている店頭に雛人形があるなんて、面白いでしょう。
雛飾り自体も立派なモノが多く、見応えありました。
言われるように江戸から明治にかけての作品は、なんともふくよかな
いいお顔をされているんですよ~ 是非とも、電車乗っていってくださいね^^!
Commented by deepseasons at 2013-03-06 23:54
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
なんともいい感じでしょう。 でも、竹の子の旬はどちらかと言えば
「端午の節句」に近いですよね~ だから、雛飾りとコラボがなんと
もサプライズじゃないかなと思います。
ちらし寿司に取りたての竹の子なんて最高ですよね。 私は、残念
ながら出勤前だったので買わなかったですが・・・
Commented by deepseasons at 2013-03-07 00:01
katsuさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ~ 出勤前ショットでした。 こちらのイベントは、正統派
で3月2日には期間終了と期間が短いので急いでいきました。
私は、間違いなく来年も行っていると思います。
まだまだ、季節の風物詩を撮れるような気がします。 
出勤前にしては、JR1駅分をたっぷりと歩きましたが見所満載でした。
<< 興正寺の梅 下鴨神社 流しびな >>