大徳寺塔頭 龍源院

e0177413_9343385.jpg

 たまには、青空も



e0177413_940465.jpg

 椿に誘われて、門をくぐる
e0177413_94344.jpg

 滹沱底(こだてい)にも、
e0177413_9445249.jpg

 冬の柔らかな陽射しが射し込み
e0177413_945587.jpg

 東滴壺(とうてきこ)に光の帯が揺らぐ
e0177413_947262.jpg

 丸く象った亀島が印象的な一枝坦(いっしだん)
e0177413_951124.jpg

 龍が睨む方丈に
e0177413_9493187.jpg

 静寂のみが漂う
e0177413_9535592.jpg

 しばし、座して眺めるのもよし
e0177413_9545412.jpg
 
 季節を愛でるもよし
e0177413_9552746.jpg

 方丈を巡るものよし
e0177413_956731.jpg

 坪庭に差し込む光の帯が動き
e0177413_9575143.jpg

 消え去った


 そして、再び、空はどんよりとした雲に包まれた


 とっておきの京の雪
by deepseasons | 2013-02-24 00:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19844905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2013-02-24 11:02
タイトル : 大徳寺の名庭シリーズ1・龍源院
冬の楽しみ、お庭巡り。 第一弾は大徳寺・龍源院です。 龍源院へやって来ました。 冬ですが、常緑の木々のおかげでありがたい緑色がいっぱい。 そして、結構大木になっている山茶花。いっぱい花がついていました。 まずやってきたのは「滹沱底」。 細長い砂庭なのです。 阿吽の石と名付けられた石。 阿吽の石庭とも言われます。 左のこの凸型の石と・・・ 丸い凹型の石は、聚楽第の遺構(礎石)と言われています。 波紋の真ん中の白い石は、ハートマークにも見え...... more
Commented by belgium44 at 2013-02-24 01:37
こんばんは~♪
最近、青空を写真で見ていないような気がしてとても新鮮です^^
見どころの多い庭園、冬にこそ楽しみたいところです。
小さな坪庭が特にお気に入りです。
雪景色も見てびっくりしました、今年は北大路通りほうは
早朝に少し残っているくらいなので、閉門前にもこれだけ残っていたんですね。
今年は見れませんでしたね、もうすぐ2月も終わりだというのに
残念です。
Commented by kirafune at 2013-02-24 09:51
東滴壺に現れた光の帯にドキッとしました。
何かのメッセージのような・・・。
山茶花の大木も見事ですね。
シンプルな石庭を眺めていると、
ごちゃごちゃした心まで澄んできそうです。
Commented by kwc_photo at 2013-02-24 11:02
おお~、アップがかぶりましたね(^-^)。
自分のブログかと思いました(笑)
東滴壺の風情、本当に素敵でした。石庭かつ壺庭、ということで、
日本一小さい、という説明がありましたね。

もしや、私と同じく、大徳寺塔頭庭園が続くでしょうか(^-^)。
シンクロしそうな予感ですね。
T.B.させて頂きます。
Commented by prado9991 at 2013-02-24 23:50
こんばんは
私がここに訪れるときは決まって雨か曇りです。
日差しが指す龍源院、また違った顔を見せてくれます。
お写真を拝見させていただいて、こんな顔もあったんだな~と感心していました。
Commented by deepseasons at 2013-02-25 19:00
さゆりさん、コメントありがとうございます。
雪景色は2011年撮影分で閉門前ギリギリに撮影させてもらいました。
坪庭に積もる雪の筋は、中々見られず、この年は4回目の訪問でほど
よい積もりに出会える事ができました。 もう一度、見てみたいです~
Commented by deepseasons at 2013-02-25 19:05
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
光の帯が面白いでしょう~ この日も雲の流れが早く、ぱあっと現れた
時はビックリしました。 もう少し真ん中でいいかなと思ったのですが、
逆に中央だと庭石が白く飛んでしまうのでバランスいい配置だったと
思います。 季節によって太陽の角度も違うので帯の長さも変わるの
でしょうね。
Commented by deepseasons at 2013-02-25 19:11
katsuさん、コメントありがとうございます。
自分のブログかと思っていただいただけで、単純に光栄に思えます。
烏丸を北上して、ちょっと立ち寄るには最適な場所です。
大徳寺では、こちらと撮影禁止の塔頭寺院しかお伺いていないので
残念ながら続きはないのですよ。 また、季節を改めてお伺いしたい
と思っています。
Commented by deepseasons at 2013-02-25 19:17
pradoさん、コメントありがとうございます。
私も雨を狙った高桐院に合わせてお伺いする事が多いので、晴れに
近い日に行ったのは始めてかもしれません。 でも、何回も行っている
のでそうでもないかなあ~
雨だと庭石など庭がシットリとしていい塩梅になりますよね。
でも、晴れの表情も在りかなと思いました。 北庭の椿は、まだまだ蕾
固しです。
Commented by arak_okano at 2013-02-25 20:48
アラックです。
日本のお寺さんて何でこんなに素晴らしいのでしょうか。
バグースをいっぱいありがとうございます。
狭い場所の庭って外国にはあるのかな?
Commented by deepseasons at 2013-02-27 19:30
アラックさん、コメントありがとうございます。
ギュウと凝縮された庭風景を堪能されてもらいました。
海外でも中庭はあったと思いますが、こんな坪庭は絶対にない
でしょうね~
<< 妙蓮寺 相国寺塔頭 慈照院 >>