妙心寺塔頭 退蔵院

e0177413_1754597.jpg

 庭を巡る。



e0177413_17552384.jpg

 玄関に置かれた寒牡丹の蕾
e0177413_17563447.jpg

 枯山水、元信の庭
e0177413_1833469.jpg

 陰の庭
e0177413_18114975.jpg

 陽の庭
e0177413_1819726.jpg

 余香苑
e0177413_1821223.jpg


e0177413_18214472.jpg

 あまり花を期待していなかったが、
e0177413_18242963.jpg

 マンサクが満開だった
e0177413_18254231.jpg

 春に向けて「まず咲く花」から段々とまんさくになったとも云われている
e0177413_18303530.jpg

by deepseasons | 2013-02-16 00:16 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19802448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2013-02-16 19:35
タイトル : 退蔵院 襖絵プロジェクト
彼女ならきっとやる、やり遂げる。 女絵師・由貴さんの凛とした横顔に、私はそう確信した。 <a 京都・妙心寺退蔵院は600年の歴史を持つ、臨済宗のお寺さん。 その由緒ある本堂方丈の襖絵に、今、全身全霊で取り組んでいる若き芸術家がいる。 弱冠25歳の村林由貴さん。 昔の絵師たちは、お寺やお殿様に雇われて、そこに住み込みながら数々の傑作を世に残した。 退蔵院の副住職・松山大耕さんは昔の人々のように、若き芸術家を育成するため、現代に大舞台を用意した。 それが、この『大本...... more
<< 妙心寺塔頭 桂春院 妙心寺塔頭 東海庵 >>