雪の宝泉院

e0177413_16544868.jpg

 額縁庭園



e0177413_16553047.jpg

 門の向こうに雪景色が広がる。
e0177413_171474.jpg

 自然と心が高鳴っていく。
e0177413_1751414.jpg

 凛として張りつめた空気の中、
e0177413_1763272.jpg

 水琴窟の旋律が響きわたる。
e0177413_17171375.jpg

 立ち去りがたいという名の
e0177413_17132359.jpg

 盤桓園をしばらく眺めていた。
e0177413_17193719.jpg

 手水鉢に活けられた花が
e0177413_1721891.jpg

 鮮やかに浮かびあがる。
e0177413_17273391.jpg

 更に降り積る雪を眺めながら
e0177413_17281859.jpg

 室内で暖をとり外に出た頃には、
e0177413_1730469.jpg
 
 自分の足跡すらすっかり消え去っていた。
e0177413_17325921.jpg

 サクサクと新雪を踏みしめて 
e0177413_17363015.jpg
 
 向かった外の庭、宝楽園。
e0177413_17382177.jpg

 白の世界に庭石が重々しさを増していた。  
 
by deepseasons | 2012-12-29 00:10 | kyoto | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19426364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bjynp at 2012-12-29 00:44
こんばんわ♪
すごい!京都はもう雪国なんですね。
全面ガラス張りの中からの雪景色、風情がありますね。絵になりますね。
Commented by youpv at 2012-12-29 06:49
おはようございます~。
かなり沢山の雪が積もりましたね。
この冬もこの風景が見れたらいいなと思っています。
また雪、降ってくれないかな(^^)
Commented by deepseasons at 2012-12-29 20:58
アッキーマッキーさん、コメントありがとうございます。
全面ガラス張りでなく、半分は開放されたままのほぼ外と温度差が変わらない
のですよ~ でも、囲炉裏の間は炭火が赤々と温かかったです。
計算された絵になる庭でしょう~
Commented by deepseasons at 2012-12-29 21:01
youpvさん、コメントありがとうございます。
やはり大原まで来ると、ここは外せませんよね。 まだ午前中は断続的に
降り続いていたので、思った以上の積雪となりました。
次の積雪が楽しみですよね。 中々、市内まで雪雲が張り出さないようで
ヤキモキさせられますよね。
Commented by arak_okano at 2012-12-29 21:52
来ましたね、これぞ、額縁銀世界ですね
バグースですね。
耳を澄まして、き~~んを聞きですね。
Commented by deepseasons at 2012-12-30 18:42
アラックさん、コメントありがとうございます。
いいでしょう~ 額縁銀世界! 結局、寺を後にするまで、もう一人の
方と二人きりでした。
耳も澄まさなくても、キ~ン~カ~ンと響きわたっていましたよ。
<< 雪の瑠璃光院 雪の三千院 >>