厭離庵の紅葉

e0177413_1435461.jpg

 紅色(くれないいろ)に染まる



e0177413_1450100.jpg

 晩秋の嵐山を小庵に向かう
e0177413_1454260.jpg

 朝日がやっと路地まで差し込んできた
e0177413_1485775.jpg

 12月初め、庭が鮮やかに
e0177413_14104710.jpg

 紅色(くれないいろ)に染まる
e0177413_14131039.jpg

 小さな庵の小さな庭を
e0177413_14145935.jpg
 
 埋め尽くす紅の落葉
e0177413_14155323.jpg

 しだや笹が少し顔をだす様子も趣ある
e0177413_14174269.jpg

 前日の雨に濡れた落葉がなまめかしい
e0177413_14223310.jpg

 縁側に座って、しばらく眺めていた
e0177413_14232469.jpg

 「よいっしょと」重たい腰をあげる私を見て
e0177413_1424540.jpg

 どこからか微笑みかけられた気がした
e0177413_1426468.jpg

 でも、どこにも人は見当たらない
e0177413_14281519.jpg
 
 ご住職が路地を掃かれているだけだった
by deepseasons | 2012-12-23 00:10 | kyoto | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19394029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-12-24 20:29
タイトル : 真っ赤に染まる境内(厭離庵)
赤い世界。 落ち葉で一面真っ赤、というには2日早かったなぁ。 でも、美しい赤い紅葉が楽しめた厭離庵を訪れました。 (※11月29日撮影) エントランスを抜けると・・・ もうこの石段だけでクラクラしちゃいます(^-^)。 鮮やか・・・。これは、真っ赤は期待できますね。 落ち葉はどうかな~。 この「赤」。 厭離庵レッド、と勝手に名付けていますよ(笑) 落ち葉散る向こうにみえるのは・・・ 燃えるように真っ赤な紅葉の庭。 いやぁ、見事。 ...... more
Commented by arak_okano at 2012-12-23 16:55
厭離庵さんREDにバグースです。
しっとりとした赤ですね、本当に厭離庵さんの赤は
どうしてこんなに濃いのでしょうかね。
緑と赤のコントラストも鮮やかです。
Commented by prado9991 at 2012-12-23 22:55
こんばんは
厭離庵の次はやはりここでしょうね。
真っ赤な厭離庵REDには魅了されっぱなしです。
嵯峨野の他の所には行けなくてもここだけは外せませんね。
場所が狭いので撮影には混雑を避けねばならないのが少し難ですね。
私の時は後半、団体さんが来たのでいっぱいの状態でした。
Commented by deepseasons at 2012-12-23 23:24
アラックさん、コメントありがとうございます。
厭離庵の紅紅葉、発色は眼を見張るものがありますね。
紅がメインで緑が逆に際立つもの不思議な感覚です~
Commented by deepseasons at 2012-12-23 23:28
pradoさん、コメントありがとうございます。
いつからか嵯峨野界隈の紅葉は、こちらの散り紅葉がメインで訪れて
いるので、どうしても他も終盤になってしまいます。
でも、pradoさんが仰るように外せない場所になっています。
Commented by Rio at 2012-12-25 00:40 x
deepseasonsさん、こんばんは。
厭離庵の真っ赤に染まったもみじの葉は、格別なものがありますね。
雨に濡れていたおかげもあるかもしれませんが、散紅葉に迫った
一枚の色は素晴らしいです。
Commented by deepseasons at 2012-12-25 18:25
Rioさん、コメントありがとうございます。
雨上がりは偶然ですが、狙っていたのは事実です。
晩秋の雨は紅葉を散らす一方で、「散り紅葉」の美しさを演出してくれます。
あまりにキレイだったので、ノーファンダーで撮ってみました。
<< 祇王寺の紅葉 東福寺の散り紅葉 >>