智積院の紅葉 前

e0177413_1849169.jpg

 控えめなですが紅葉風景




e0177413_18531859.jpg

 雨上がりの境内
e0177413_1854612.jpg

 利休好みの庭
e0177413_18561042.jpg

 程よい光が庭に差し込む
e0177413_1858411.jpg

 色づいた木々が庭を演出
e0177413_191378.jpg

 池に浮かぶ小舟のような手水鉢
e0177413_1931419.jpg

 広がりのある壮大な庭もあれば
e0177413_2037108.jpg
 
 大書院を曲がればつわぶきの咲く路地もある
e0177413_2042244.jpg

 続いて枯山水、
e0177413_20441099.jpg

 坪庭と変化に富むのも魅力
e0177413_20441574.jpg

 そっとカメラを下げて撮ってみた
e0177413_20461261.jpg

 廊下を巡り
e0177413_20485676.jpg

 講堂へ出る
e0177413_20492342.jpg

 五色幕が風に揺らめき、
e0177413_20534218.jpg
 
 再び、雨が降り出した


 しばらく雨宿りをさせてもらう事にした
   
  
by deepseasons | 2012-11-26 00:10 | kyoto | Trackback(1)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19262405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-11-26 07:48
タイトル : 万緑の智積院
万緑や五色の幕の翻る 新緑号の向かった先は、 東山の智積院だった。 おそるべき君等の乳房夏来る 新緑萌え出る名勝庭園を眺めれば、ふと、西東三鬼の句が浮かんだ。 講堂を薫風が吹き渡り、 庭先で紫蘭が揺れた。 胸の奥まで届くかのような万緑の光が、ここにあった。 (撮影5月19日) 智積院 京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地 電話:075-541-5361 拝観:9:00~16:00 料金:500円 交通:JR京都駅よりバス10分、「東...... more
<< 智積院の紅葉 後 御寺泉涌寺別当来迎院 >>