無鄰菴

e0177413_21432769.jpg

 ディープな秋が来る前に




e0177413_1001455.jpg

 頭をかがめて戸をくぐると
e0177413_1022630.jpg

 眼の前に木深い庭が現れる


 更に奥に開放感を味わえる庭があるが、まずは母屋に上らせてもらう
e0177413_10103022.jpg

 何故か簡素な坪庭に心奪われてしまう
e0177413_10141694.jpg

 用を足した後、
e0177413_1014358.jpg

 床の間前から庭と向かい合う
e0177413_10165094.jpg

 柔らかさを増した陽射しが心地いい
e0177413_10173930.jpg

 生い茂る木々に見え隠れする茶室も奥ゆかしい
e0177413_10235412.jpg
 
 それでは、7代目小川治兵衛作庭による庭に出て行こう
e0177413_10263826.jpg

 気の早いもみじが色づき始めた
e0177413_10281982.jpg

 木漏れ日が揺らめく小道も心地よく、
e0177413_0163147.jpg

 川面に映る太陽光にも、もう夏のギラギラさはない
e0177413_1047890.jpg

 立ち寄ってよかったなあと一人ほくそ笑む
by deepseasons | 2012-10-19 00:10 | kyoto | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/19061399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kirafune at 2012-10-19 06:47
おはようございます
ほんと、立ち寄っていただいてよかったです^^
朝から京都にワープできました。
紅葉前のグリーンが目にも鮮やか。
美しい庭ですね。
Commented by youpv at 2012-10-19 07:05
おはようございます~。
やはりこちらも美しい空間ですよね。
紅葉で混む前に訪れたい場所ですね(^^)

ここでいただくお抹茶とお菓子もお気に入りなんです(^^)
Commented by deepseasons at 2012-10-20 18:27
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
極めてストレートに撮ってみたんですが、朝の散策を楽しんでもらえて
よかったです。 南禅寺界隈は観光客が多くても、ココはゆっくりと過ご
せますので、一服するにもいい場所です^^!
Commented by deepseasons at 2012-10-20 18:33
youpvさん、コメントありがとうございます。
こちらは、色つき始めでも十分に楽しめますよね~ 芝生地がひろがる
庭を眺めながらノンビリできるのがいいです。
実は、あまりにも気持ちよかったので後でお抹茶もいただきました。
豆菓子の甘みと抹茶が合います~ 続いてアップします^^!
Commented by アラック at 2012-10-20 19:03 x
いや、この露出が出来ないんですよ。 やっぱり朝ですよね、光と影はバグースですね! 今、新幹線から小田急線です。 歩きましたが成果はC62と東寺背景のドクターイエローだけでした。 あ、少しの紅葉がありました。 1ヶ月後はどうでしょうか?
Commented by deepseasons at 2012-10-20 20:09
アラックさん、コメントありがとうございます。
この撮影は、朝でなく正午ぐらいです。 秋っぽい陽射しがいい感じに
なったのでしょうかね。 東寺をバックにしたドクターイエローとは期待
大です。 アラックさんのブログはドクターイエローにどっぷりになって
きましたね^^!
Commented by bjynp at 2012-10-21 12:55
こんにちわ♪
小川治兵衛作庭って多いんですね。東京(江戸)にもけっこうあります。今度、出かけてみようかな?
2枚目の仏像が気になったんですが、この仏像は毘沙門天?違いますね?何でしょう?教えてください、なぜか気になる仏像です。

アッキーマッキー
Commented by deepseasons at 2012-10-21 18:52
アッキーマッキーさん、コメントありがとうございます。
この石仏に関する的確な資料はないようです。 そこでいただいた質問
に対して、私なりに調べた結果を報告します。 (あくまでも推測の域ですが)
仁王ではないかと思います。 金剛力士の左側、口の真一文字に閉じ
右手を差し出しているポーズは、まさに吽形と同じです。 また、入口に
立っているというもの納得がいくのではないでしょうか。 でも、何故、対で
なく一体だけなのかは謎やし、もしかすると仁王さんではないかも知れませんね。
<< 無鄰菴 後 天授庵 >>