五山送り火 鳥居形

e0177413_21253468.jpg

 広沢池にて
 



e0177413_2127919.jpg

 用事を済ませ、点火時間が一番遅い鳥居形に向った
e0177413_21285252.jpg

 もう既に広沢池では遍照寺の灯籠流しが始まっていた
e0177413_2129433.jpg

 午後8時20分に鳥居形が歓声と共に灯る
e0177413_21314132.jpg

 108つある火床に手際よく松明が灯される様は見事
e0177413_21334432.jpg

 108つ、人間の煩悩を焼き尽くすそうです
e0177413_21351419.jpg

 広沢池に灯籠が流れ、鳥居形が浮かぶ様は
e0177413_21362469.jpg

 幻想的ですが・・・
e0177413_2137655.jpg

 もう少し静かに物想いにふけながら眺めたいと思ったのは、私だけではないでしょう

 (12.8.16 撮影)
by deepseasons | 2012-08-19 06:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18664155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-08-20 07:14
タイトル : 広沢池の送り火
夜のしじまを縫うように、厳かな読経が聴こえてきた。 友の力を借りて、今年もKIRAの舟は広沢池のほとりまで辿り着いた。 あの世に無限の暗黒が広がっているのなら、一人でそこへ行くのはやっぱり怖いに違いない。 暗闇の中でそんなことを思いながら池を眺めていると、 和船から五色の灯籠が池に浮かべられていった。 風が吹き、次々と灯りが流れされてゆく。 やがて、午後8時20分になった。 五山送り火の最後、嵯峨曼荼羅山に鳥居形の火が灯った。 目の前の女の子が鳥居に向かい、...... more
Commented by きたやま at 2012-08-19 07:51 x
お疲れさまでした

はじめて鳥居を見にいったのですが、難しい撮影ですね

ISOを上げて灯籠を止めるのが本来の画なんでしょうが
灯籠が寂しかったので、流れた画のほうがいいぐらいでした

いつか条件の揃った「これ!」という鳥居を撮ってみたいです
Commented by deepseasons at 2012-08-19 23:22
きたやまさん、コメントありがとうございます。
キャノンなら多少ISO上げても大丈夫やと思いますが、SONYはこれが
限界というか、既に画面が粗くなっています。
私もここは初めてだったのですが、確かに条件が揃うのは難しいですね。
ところで、私が着いた頃に水野先生が足早に通り過ぎていかれました。
きたやまさんの近くで撮影されていたのですか?
聞いた話では、最近はニコンを使われているという事ですが真相は
いかがなものでしょう~
Commented by きたやま at 2012-08-20 00:00 x
ええ、水野先生(父)来てはりましたよ。いろいろ教えてもらってました。
でも、今回は灯籠が来なかったから難しいですね。

ところで水野センセはD800でした(笑
Commented by youpv at 2012-08-20 05:33
おはようございます~。
送り火、鳥居形が今年は見れなかったので
こちらで見せていただけて嬉しいです(^^)

灯籠とのコラボは綺麗ですが、ボートを
どうにかして欲しい感じですよね。
Commented by deepseasons at 2012-08-20 22:18
きたやまさん、重ねてコメントありがとうございます。
やはり、水野先生の同業者からお聞きした情報は、確かだったのですね。
ここの撮影は、やっぱりリベンジしたいですね。
Commented by deepseasons at 2012-08-20 22:25
youpvさん、コメントありがとうございます。
唯一、youpvさんところで写っていなかったのは鳥居形ですよね。
その通り、ボートで灯籠を追いかけて、いくつかは潰されていたのは、
「アリ?」と思いました。 風向きは天まかせなのは仕方ないですが・・・
<< 車折神社 萬燈祭 花背の松上げ >>