花背の松上げ

e0177413_15395534.jpg

 洛北の山村に伝わる火の祭典




e0177413_15414766.jpg

 お盆に迎えた精霊を送ると共に
e0177413_15452750.jpg

 火難除けと五穀豊穣を祈願する
e0177413_1548832.jpg

 松明の列が揺らめきながら河川敷の舞台にやってきた
e0177413_15523623.jpg

 河原にたてられた松明に順に火を灯していく
e0177413_15555130.jpg

 太鼓が勇壮に響き、追いかけるように鉦の音が谷間に響く
e0177413_15572198.jpg

 瞬く間に辺りは火の海と化し、川面に揺れる
e0177413_15583026.jpg

 いよいよ「松上げ」の舞台は整った
e0177413_1712597.jpg

 男達が「上げ松」を振り回し、夜空に放り投げていく
e0177413_16594856.jpg

 高さ20mの丸太の頂点に取付けられた「大傘」向けて放物線を描く
e0177413_1624459.jpg

 幾度かの挑戦の結果、「大傘」に命中し火が灯る

 太鼓が一段と大きく連呼され、見物客の興奮も最高潮を迎える
e0177413_16365990.jpg

 更に「おや~」「どうやあ~」と奇声をあげ「上げ松」は放り投げられ
 中央にある「大傘」の火柱が夜空に向けて高く舞い上がる



 やがて、河川敷の松明が消え始める頃、
e0177413_16455214.jpg

 「大傘」が倒され、火の粉が舞い上がる
e0177413_1647759.jpg

 男達は素早く力を合わせて、支えていた柱を引き抜く
e0177413_16504230.jpg

 これで松上げの舞台は終演



 男達は、伊勢音頭を謡いながらお堂へ戻っていくそうだが、

 峠越えの帰路を考えると。足早にその場を去らざるをえなかった

 (12.8.15 撮影)
by deepseasons | 2012-08-17 20:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18652808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2012-08-21 06:27
タイトル : 花脊の松上げ ~後編~
炎が灯されて 灯籠木場に入った男衆によって1000本の地松に炎が灯されていきます。 真っ暗だった灯籠木場が炎の明るさで浮かび上がりました。 地松の炎に囲まれた空間はどこか幻想的。 静寂の後、太鼓の音と勇壮なかけ声で松上げが始まります。 男衆が持った「上げ松」を回転させて、灯籠木場の上に ある大笠を目掛けて投げ放ちます。 真っ暗の空間の中で描かれる放物線の軌跡が何とも美しいです。 暫くすると、燃えた上げ松が大笠に入り始めます。 入る度に拍...... more
Commented by きたやま at 2012-08-17 20:39 x
お疲れさまでした!
私は松上げの行事をひとつも見たことがありません
有休とるなら16じゃなく15にするべきだったかと^^;
うう…素敵ですね~いいな~幻想的で素晴らしいですね
Commented by prado9991 at 2012-08-17 20:48
こんばんは
毎年松上げの写真を見ると一度は行ってみたいと思います。
序編から本編にかけて祭の様子が克明に伝わってきます。
クライマックスは壮大な風景ですね、生で見ると凄いでしょうね。
来年こそはと心に誓いました。
Commented by kwc_photo at 2012-08-17 23:35
迫力ありますね~!
いつかいきたいと思いながら、結局いつもこうやって見せてもらうばかり
です(^_^;)
やっぱり車ですか?自転車だったら真っ暗ですよねぇ??
どこで開催されるのか、混雑ぶりはどうなのか、車は置けるのか、
などなど、わからないことがいっぱいで、尻込み状態です(^_^;)
また教えて下さいね~。
Commented by arak_okano at 2012-08-18 06:28
おはようございます、アラックです。
時系列の報告、凄いですね、生だと物凄い
迫力と感動だと思います、バグース!
アラックなら、シャッターを押すのを忘れてしまいますね。
Commented by y213 at 2012-08-18 23:34 x
こんばんは。
す、すごい迫力!!
私も同じく、いつか行きたいと思いながら、
今年もみなさんのブログで楽しむ・・・になってしまいました。
Commented by deepseasons at 2012-08-19 00:33
きたやまさん、コメントありがとうございます。
アクセスなど考えると大変ですが、絶対に見る価値がありますよ。
来年はどうなるかわかりませんが、よろしければ早めにツアー組みましょう。
Commented by deepseasons at 2012-08-19 00:39
pradoさん、コメントありがとうございます。
序編辺りはあまり言いたくないのですが、おそらく少数の方しか撮られて
いないと思います。 と言うのは、今回は家内を連れて行ったのですが
対向するのがギリギリの道で場所取りで精一杯が本音です。
Commented by deepseasons at 2012-08-19 00:45
katsuさん、コメントありがとうございます。
北山友禅菊を見た帰りに、確実に開催場所横を通過しているはずです。
夜の弁当すら用意すれば、結構、なんとかなるというのが本音ですが、
来年は機会があれば皆さんご一緒に行きましょう~
Commented by deepseasons at 2012-08-19 00:48
アラックさん、コメントありがとうございます。
海の中でも感動的なシーンを移せるアラックさんなら、間違いなく凄い
写真を撮れますよ~ 私は大体で設定したからファインダーも見ないで
リリースボタンを押していただけです~
Commented by deepseasons at 2012-08-19 00:52
y213さん、コメントありがとうございます。
厳かであり、迫力があり、時には笑いもある?(たまにまったく違った
方向に飛んでいきます)ほんまに一つの巨大野外舞台やと思います。
y213さんなら、どんな撮り方をされるのか楽しみです。
<< 五山送り火 鳥居形 花背の松上げ 序章 >>