久多宮の町の北山友禅菊

e0177413_18575537.jpg

 日本の原風景



e0177413_1912940.jpg

 薄紫色した絨毯の向こうに
e0177413_1923070.jpg

 茅葺屋根の民家が浮かびあがる
e0177413_1934440.jpg

 貴賓漂う紫色の花を北山友禅菊という
e0177413_194048.jpg

 規則正しく積上げられた薪木に
e0177413_1971387.jpg

 時には厳しい山里での暮らしぶりに思いを馳せ
e0177413_19104258.jpg

 今年も見事に花開かせていただいた事に感謝申し上げます


 久多の里から峠を越えて花背へ移動する途中、毎年、気になっている花がある
e0177413_19154550.jpg

 杉木立の間に咲く、いかにもいい匂いがしそうな可憐な花であるが
e0177413_1919223.jpg

 近づくと、どちらかと言えば鼻につく嫌な臭いがする
 それもそのはずで、名を「くすだまくさぎ」、もしくは「ぼたんくさぎ」という
e0177413_1924022.jpg

 他にひおうぎなども咲く、まさに花街道だった
e0177413_19253091.jpg


 (12.8.11 撮影)
 朝一番、ちょうど到着した時に薪木のお宅のご主人が表に居られ、ご挨拶させていただいた。

 私にとっては十分に満足する咲きぶりであるが、「ピーク過ぎで申し訳ない」と言われた。
 
 どうも、紫色がもう少し濃くて既に白く脱色しているという事です。
 でも、去年から作付場所がここに変わり、今年は見事に一面に花開かせていただいた事に
 心から感謝申し上げます。

 ちなみに、7月15日頃から咲き一番の見頃は7月末~8月1週目だそうです。
by deepseasons | 2012-08-15 20:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18628721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-08-16 13:33
タイトル : 久多の北山友禅菊(左京区)
左京区とはいうものの、ほぼ朽木に近い里山。 北山友禅菊が見頃を迎えています。 朝日に照らされ、花々の色が浮かび上がります。 美しい・・・ 昨年は少し作付けが粗めだったのですが、今年は見事な花畑。 茅葺きとのコラボが撮れる、いい場所なのです。 輝く花たち。 逆光はドラマチックな効果が出ますね。 順光で撮ると青空が綺麗。 茅葺きの横の蔵の風情も味がありますね。 やっぱりやっちゃいました。 ギョガーン(笑) これだけの花...... more
Commented by kwc_photo at 2012-08-16 13:32
まだ大丈夫そうに見えますが、脱色しかかっているのですね。
いつも8/13頃に出かけていたのですが、今年は早めに行ってよかったです。
以前の場所が雑草だらけになっててびっくりしましたが、今年はこの
場所が本当にびっしり満開でしたね。嬉しかったです。

T.B.させていただきますね~(^-^)。
Commented by deepseasons at 2012-08-17 00:31
katsuさん、コメント並びにT.B.ありがとうございます。
私的にも十分すぎる程の咲きっぷりでしたが、よく見ると枯れた株や花弁が
散ったものをありました~ 以前のポイントも好きだったので、残念ですね。
撮った写真も幻になってしまうのかなあ~ 寂しいですね。
Commented by pretty-bacchus at 2012-08-19 17:26
素晴らしいですね〜〜!
北山友禅菊って、こんなに高台に広がって咲いているとは知りませんでした。

Commented by deepseasons at 2012-08-19 23:14
pretty-bacchusさん、コメントありがとうございます。
花背から更に一山越えた山村で栽培されています。 
上から目線で広がり感を強調してみました。
なんとも言えない、清楚で高貴な色の花でしょう~
<< 花背の松上げ 序章 勧修寺の蓮 >>