古色平等院

e0177413_10375977.jpg

 平等院鳳凰堂が56年ぶりの修復へ




e0177413_10394647.jpg

 本尊が安置されている中堂
e0177413_1044242.jpg

 金色の丈六阿弥陀如来像が鎮座する
e0177413_10454850.jpg

 左右に設けられた翼廊
e0177413_10465342.jpg

 色あせた朱色に歳月の流れを感じる
e0177413_1049838.jpg

 いよいよ、半世紀ぶりの修復に入る前の
e0177413_10515540.jpg

 鳳凰堂をこの眼に焼きつけておきたかった
e0177413_10542311.jpg

 平安時代の優雅な造形美を
e0177413_10561913.jpg

 今後も伝え続ける為の修復作業
e0177413_1058138.jpg

 一対の鳳凰堂も金色に輝き
e0177413_10592884.jpg

 柱は朱色に塗り直された
e0177413_1102275.jpg

 壮麗な姿を思い浮かべ、古色の鳳凰堂を留める

 (12.8.8 撮影)
by deepseasons | 2012-08-13 20:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18604160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-09-02 23:47
タイトル : 百日紅咲く平等院
宇治・平等院。 百日紅咲く季節、この姿での最後の勇姿を見てきました。 平等院塔頭、浄土院の裏手。 見事な百日紅が青空にむかって咲き誇っていました。 平等院南門から入ります。 この門は安土桃山時代。伏見桃山城から移築されたものと言われています。 朱色の塗料は昔ながらの塗料で塗られており、触れると服が汚れる、と書いてありました。 鳳凰堂へ向かう道すがらも鮮やかな百日紅が迎えてくれました。 青空と鳳凰堂が映り込む阿字池。 極楽浄土を表現したという、建立当時の極彩色を...... more
Commented by prado9991 at 2012-08-13 22:04
こんばんは
こうして見ていると大分傷んでいますね。
文化財も手を入れないと朽ちる一方ですからね。
今年は藤の花も見られなかったので平等院とのコラボは少し先になりそうですね。
Commented by kwc_photo at 2012-08-13 22:57
ひなびた平等院、結構好きだったのですが、やっぱり修復が必要なのでしょうね。
あまりぺっかりと塗らないで欲しいなぁなんて思ったり。
まぁ、清水寺の山門も見慣れてきましたしね。

本来の平安時代の姿を取り戻すのだと思えば、楽しみでもあります。
9月までにいっておかなくちゃ!

蓮はおわっちゃったかもしれませんが、近々行ってきます。
Commented by kirafune at 2012-08-14 06:36
deepseasons

おはようございます!

朝から、中堂の大仏様を拝見できて
今日は幸先がいいです。
仕事、がんばれそうです。
ありがとうございました。
行ってきま~す!
Commented by deepseasons at 2012-08-14 22:01
pradoさん、コメントありがとうございます。
歴史を感じる色褪せた色合いがなんともいいなあと思いながら、いつも
違う望遠で記憶に留めました。
耐震補強もしていいただき、未来に向けてこの素晴しい建造物を残して
いただきたいものです。
Commented by deepseasons at 2012-08-14 22:13
katsuさん、コメントありがとうございます。
ひなびた色合いでありながら、曲線美が美しい平等院が好きだったのですが、
後世に世界遺産を残す為には必要なのでしょうね。
是非とも、katsuさんの胸に刻んでおいてください。
Commented by deepseasons at 2012-08-14 22:22
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
雲母舟さんもお盆に関係なく出勤だったのですね。 ご苦労様です~
一所懸命撮影した写真にうれしいコメントに感謝します。
<< 勧修寺の蓮 平等院の蓮 >>