芬陀院

e0177413_10281919.jpg

 坪庭に逢いたくて




e0177413_10323445.jpg

 東福寺塔頭芬陀院を訪れる
e0177413_1035312.jpg

 まずは南庭、雪舟が作庭されたとされ
e0177413_10383335.jpg

 京都で最古の枯山山水庭のひとつ、
e0177413_1038569.jpg

 鶴亀の庭、 
e0177413_10355518.jpg

 雪舟庭園が広がる
e0177413_10421997.jpg
 
 そして東庭、
e0177413_10431545.jpg

 図南亭の円窓、
e0177413_10443526.jpg

 杉苔に踏石が点在する内路地、坪庭を眺めた

 降り出した雨に苔の青さが際立った

 (12.07.05 撮影)
by deepseasons | 2012-08-06 20:00 | kyoto | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18560247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-08-07 08:01
タイトル : 雪舟の庭 芬陀院
暗がりから明るい庭をみつめた。 緑の風が吹き渡る東福寺へ。 その塔頭の一つ、雪舟の庭で知られる芬陀院(ふんだいん)を訪れた。 西側の庭は勾玉の手水鉢や、屑屋型石灯籠が置かれ、趣きがあった。 重森三玲氏らによって復元された「鶴亀の庭」には、その昔、雪舟の立てた石が今も残る。 静かな時間の中で、ウマスギゴケの海原が輝く波頭を見せていた。 マイナスをプラスに変えるには、一体どうしたらいいのだろう。 暗い方から明るい方へ。 画聖・雪舟の目指すところに思いを馳せた。 (撮影...... more
Commented by arak_okano at 2012-08-07 07:16
おはようございます、アラックです。
日本の庭は部屋から見るものだと、作品を見させて
いただき強く感じました、私なら庭だけを撮ってしまうと
思います、バグース!
Commented by kirafune at 2012-08-07 08:00
ああ、この坪庭、吉野窓。
すべてが別世界の美しさに満ちています。
朝から素敵な風景を見せていただき、
気持ちよく出かけられそうです^^
Commented by kwc_photo at 2012-08-07 12:23
夏の芬陀院、いいですね。
私も桔梗撮影に天得院に行った時、寄りたかったのですが
ものすごーい雨が降ってきて断念しましたよ。
雨の後だけあって、苔庭が青々してますね。
丸窓からの景色も、夏らしくてGood!です。
Commented by deepseasons at 2012-08-07 23:24
アラックさん、コメントありがとうございます。
こちらのお寺は、障子に押し花(葉)が施されており、障子に入り込む
初夏の陽射しがキレイだったので、このようなアングルにしてみました。
海外で日本美に触れていただき光栄です。
Commented by deepseasons at 2012-08-07 23:29
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
初夏、途中から雨が降り出し、同じアングルを2度撮り直しました。
真夏に少しでも爽やかな風景を届けられて幸いです。
Commented by deepseasons at 2012-08-07 23:34
katsuさん、コメントありがとうございます。
私は、天得院を出て小雨の中、立ち寄っています。
やはり苔むした庭が一年を通して一番キレイなのは、梅雨から初夏の
時期だなあと実感しました。
今回の円窓は、自分でも上手く撮れたなあと思っています。
<< 残暑見舞い 祇園 八朔 >>