祇園祭 山鉾巡行6

e0177413_12475664.jpg

 残すところ、五つ




e0177413_12514020.jpg

 29番南観音山
e0177413_12523921.jpg

 御池通を進んでいく
e0177413_12532386.jpg

 30番鯉山
e0177413_12545889.jpg
 
 31番八幡山

 鳥居に今年から新調された八幡さんのシンボル鳩2羽が向かい合う
e0177413_1258293.jpg

 32番役行者山
e0177413_12593718.jpg
 
 そして、最後33番目に約140数年ぶりに大船鉾が唐櫃で巡行参加された


e0177413_1341351.jpg
 
 山が戻ってきた
e0177413_1351323.jpg

 新町通紫織庵前で
e0177413_1375029.jpg

 舞妓さんが談笑されていた
e0177413_1382651.jpg

 無水舎の坪庭に差し込む光に思わずシャッターを切る
e0177413_13111253.jpg

 新町通を通る大船鉾の方々
e0177413_13141747.jpg

 車輪を軋ませ、狭い通りを放下鉾が進む
e0177413_13155632.jpg

 そして、南観音山、続いて北観音山が帰ってきた

 町内に戻ってきた山鉾は速やかに解体された
  
 (12.7.17 撮影) 
 
by deepseasons | 2012-07-24 00:10 | kyoto | Trackback(2) | Comments(14)
トラックバックURL : http://deepseason.exblog.jp/tb/18412333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2012-07-27 00:26
タイトル : 祇園祭2012 宵山
人々はどうしてこんなにも、この祭りに魅せられるのだろう? 提灯の灯りと コンチキチンのお囃子に誘われて 今年も大勢の人々が祇園祭の宵山に酔いしれた。 暮れるにしたがって 鉾町のざわめき 下駄の音 ちまきを売る声 遠くから近くから若い女の笑い声が際立って聴こえてきた。 町に神様がいらしている。 生きとし生けるもの全ての中にも神がいる。 そして誰もが、命の炎を燃やしていた。 宵山から一夜が明けた朝、 今年も豪華な懸装品をまと...... more
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-07-28 14:37
タイトル : 山鉾巡行(岩戸山~大船鉾)
さぁ、山鉾巡行もクライマックス! 後祭りも盛り上がって行きましょう! りっぱな鉾にみえるこの山車、岩戸山です。 鉾と同じように、車輪をつけた「曳山」なのです。 唯一、大屋根の上に御神体人形(伊弉諾尊)を乗せて進みます。 奥のほうからは、人気の鉾、船鉾が進んできましたよ~。 さぁ、岩戸山の辻回しが始まります。 いやぁ、船鉾はカッコイイ。 どちらを撮っていいかわからなくなっちゃいますね(^^ゞ。 一番個性的な鉾といっていいでしょう。 想像...... more
Commented by kirafune at 2012-07-24 07:20
すごい~!
全部ご覧になられたのですね。
宵々山でみた山鉾が、巡行で動く姿を
今年もお写真で拝見でき、
わくわく気分が蘇りました。
素顔に近い舞妓さんの姿も
可憐ですね。
Commented by prado9991 at 2012-07-24 19:27
こんばんは
巡行、制覇されてますね、凄いです。
おまけに舞妓さんの紗月さんまで登場とは恐れ入ります。
紗月さんだけでも撮りたかったな~。
Commented by きたやま at 2012-07-24 22:19 x
おつかれさまでした~
御池辺りもアーケードがないのでかなり暑かったでしょうね!
ひとつひとつの山鉾を丁寧に捉えられているなあと思いました
あと舞妓さん撮りたかった!^^;
Commented by deepseasons at 2012-07-24 22:35
雲母舟さん、コメントありがとうございます。
宵山で観た山鉾が動く姿が圧巻であり、飾られた懸物等がこのように
使われているんだと考えるのも楽しかったです。 舞妓さんもお世話に
なっている呉服屋など挨拶に回られているようでした。
Commented by deepseasons at 2012-07-24 22:38
pradoさん、コメントありがとうございます。
ハイ、最後まで見させていただきました。 最後はカメラも熱くなっていました。
pradoさん、流石に詳しいですね~ 沙月さんと言われても、どの方か
見当がつきません。 今度、機会があれば教えてください。
Commented by deepseasons at 2012-07-24 22:41
きたやまさん、コメントありがとうございます。
御池は前半は木陰で風もあり、比較的過ごしやすかったのですが、
昼近く太陽が昇ると暑かったです。 気がつけばよく日焼けしていました。
Commented by pretty-bacchus at 2012-07-25 01:04
素晴らしい記録ですね。
あの暑い中をよくぞおとりになられましたね! 脱帽です!

Commented by youpv at 2012-07-25 06:05
おはようございます~。
いつも時間的に四条河原町ばかりですので
アングルが凄く新鮮に感じます。
あと舞妓さんのお写真が素晴らしいですね(^^)

やっぱり新町通り、迫力がありますね(^^)
Commented by deepseasons at 2012-07-26 23:42
pretty-bacchusさん、コメントありがとうございます。
うれしいコメントをいただき、感謝申し上げます。
暑い中、最後まで撮影した甲斐がありました。
Commented by deepseasons at 2012-07-26 23:47
youpvさん、コメントありがとうございます。
神戸からだとどうしても遅くなってしまうので、河原町四条の熱気に押されて
静々と御池へ移動というパターンになります。 新町は迫力ありますが
どうしても沿道のカメラレンズが気になりますね。
Commented by kwc_photo at 2012-07-28 14:45
やっぱり新町通はいいですね~。町のお祭り、という雰囲気が出て、
四条通や河原町通を通っている時とは感じがかわりますね。
この日は参観日だったので、四条河原町での巡行終了後、すぐに電車
に飛び乗って帰ってしまったので、残念でした。
新町で帰ってくる山鉾を待ち構えたかったなぁ~。
Commented by deepseasons at 2012-07-28 21:47
katsuさん、コメントありがとうございます。
最後は新町と決めていましたが、人混みで前に進めませんでした。
沿道から町内の山鉾が帰ってくる時の声援は雰囲気ありますが、
皆さんカメラのレンズを前に突き出されるのでアングルが限られて
しまいますね。
Commented by kwc_photo at 2012-08-18 23:55
ぐあっ!今、見なおしてみたら、このトンボの簪の黒地の着物の子は
紗月さんではないですか!
今日、紗月さん特集をアップしましたが、スッピンバージョンは
貴重です~!

ちなみに、写っている3人さんは、恋舞妓というユニットでも活躍
されている、「紗矢佳さん」「杏佳さん」と紗月さんです。後ろ姿が
紗矢佳さんですね。
Commented by deepseasons at 2012-08-19 00:30
katsuさん、コメントありがとうございます。
知識不足の私に、貴重なコメントいただき、感謝申し上げます。
そうだとわかれば、まだ違うバージョンもあるのですが、出し惜しみして
おきます(笑) この後、直に紗月さんは紫織庵内に入ってしまいました。
<< 祇園祭 屏風祭1 祇園祭 山鉾巡行5 >>